馬場でギターレッスン。『On Green Dolphin Street』、むずい。


相変わらず仕事のストレスが重く、時間ばかりが溜息に流されていく。何とかしなければ。


へこたれるばかりの1日、比較級が周囲で炸裂し、敵対的に迫ってくるなんて。

これを繰り返し。

Image
SHALLOW WELL『SHELLBY-世界の片隅で静かに生きる』(2010) 


Image
著者近影


昼と夜のジョイント部分から都市の感情が漏れ出してしまっているような。

これを聴いていた。

Image
Dom Mino’『Unknown Coordinates』(2009) 


近所のスタジオで新曲のVo見直しワーク。ここ数日、脳裏に暖めていたイメージを発声しながらアウトライン作成、Recして持ち帰る。


Positive Grid”Spark”到着。小型、小音量だけど大型、大音量アンプの音質。アプリ経由であらゆるエフェクトを再現。すげー。

Image
Positive Grid / Spark

…ということでほぼ終日、ギターを弾いていた。


ベートーヴェン。彼はとあるアイルランド歌謡の草稿にフランス語で次のように記している。「これを見ても、いかに奇異と思われる音をも恐れず旋律に用いなければならない。なぜならそれを用いても必ず自然なアンサンブルが見出せるものであるから」。

また次のような言説もあった。「音楽こそがまさしく精神の生活を感覚の生活へと媒介してくれるものだ」。

…メモランダム。


仄暗い路地、ひっそりとした都市の深淵を散歩している。音符が羽を休める時刻に、再び夢を灯して。

これを聴きながら。

Image
flica『nocturnal』(2008) 


VOX-AC15故障。ギターを弾いていたら突然電源が落ちてしまったのだ。修理に出すと高そうなので、取りあえず自宅用小型アンプを物色、このデジタルアンプをナスボーで買ってやろうかと思案中。

Image
Positive Grid / Spark