最近繰り返し聴いているアルバム2点、メモランダム。

“Image”
Tigran Hamasyan 『They Say Nothing Stays the Same』(2019)

アルメニアのジャズピアニスト・ディグラン・ハマシアンがオダギリジョー監督作品『ある船頭の話』(2019)のために製作したサントラ。映画は観てないけど、左手の独特なリズム感がナイス。

“Image”
Snarky Puppy『Tell Your Friends』(2010)

3年前の東京ジャズに出演していたのでそのとき初めて聴いたんだけど、このアルバムはジャズ、ロック、フュージョン、ファンク…的な言葉からどんどんはみ出していくようなかっこ良さ満載。


今宵の月はとてもきれいです。
澄んだ夜空がまるでカンバスみたいに、
都心のたおやかな光が優しくそれを彩っています。


自宅でピアノのアレンジを考える。繰り返し繰り返し、16小節。

細野晴臣のラジオ番組にUAがゲスト出演、面白い。

“Image”


金曜AMに2回目のワクチン(モデルナ筋注)接種。当日は両肩から指先までの痺れ程度の副反応だったが、翌土曜日朝から発熱(38度ちょっと)。カラダのだるさ、重さで終日寝たり起きたり。で、今日(日曜日)になって漸く復活。これって改善されないのかねぇ…


モーレツに忙しくて、クリエイティブな時間が搾取されてしまっています。

…などと考えながら終日、仕事三昧。


感情の細かな気泡がソーダ水のように9月の空へ上昇する。やがて圏界面を越え磁気嵐を誘発し、オーロラが発光する。

…などと考えながら終日、仕事三昧。


満天の星。あらゆる欺瞞が言い訳を失って、夏と秋のジョイント部分から夜の感情が漏れ出してしまっているような。


黒い繊維を切り裂きながら狂音と共に宙を駆ける風
幾重にも重ねられた幻想がたくまずして新たなデザインになる
再び夢を灯して音符が羽を休める時刻
僕が高感度フィルムだった頃の記憶が蘇る季節

これを聴いていた。

“Image”
Melody Gardot『My One and Only Thrill』(2009)


夜の冷却装置。逝ってしまった夏のように全てが遠く、逢う毎に優しくなっていくひとが、何故か少しずつ遠くなる。虚空に口籠もる遠雷の如く。

これを聴いていた。

“Image”
Diana Krall『Live in Paris』(2002)


朝イチから健康診断だったので、久し振りにフル出社。昼も久し振りに外食、といってもファミマのイート・イン。

これを聴いていた。

“Image”
Jeff Beck『Emotion & Commotion』(2010)