午後、慶應病院にて術後の処置。外耳道に詰められていたガーゼは全て取り除かれたけど(小さいものが何枚も出てきた)、今のところ聞こえ方(感覚レベル)は大きくは変わっていない。暫く様子見、来月半ばに聴力検査予定。

午後、江戸川橋のコ本やでじんさんと待ち合わせ。約束のブツを受け取り予定だったが手違いで受け取れず。その後、早大通り沿いのなんちゃってカフェテラスで珈琲飲みながら話し込むことひとしきり。

午後、馬場で師匠とセッション。久し振りなのでおっかなびっくりだったけど、いつも通り。

夕方、板橋〜江古田方面を10kmラン。こちらも久し振りだったけど問題なく完走。

難聴と向き合い続ける中で、誰もが同じ音を聴いている訳ではないということがよく分かった。ユニバーサルデザインならぬユニバーサルミュージック(レコード会社ではなく)という考え方があってもよいのではないか、なんて思い始めている。

四六時中、聞こえ方ばかりが気になってしょうがない。右耳外耳が使えないので日常会話やオンライン会議は左耳でモノラル、音楽は骨伝導(外耳鼓膜経由音除く*)でステレオ。

*脚注:我々は気伝導(鼓膜)と骨伝導により音を聴いている。骨伝導は一度頭部内に入った振動子を外耳、中耳、内耳それぞれ3ルート経由ミックスで脳に伝えているのだが、そのうち外耳鼓膜ルートが使えない状況。解像度が少し足りない感じの聞こえ方。

本日より通常営業。大事を取って今週はALL在宅勤務。

今回受けた手術は右耳の中耳に三つ存在する耳小骨のうちの一つを人工骨に置き換えるというもの。耳小骨は鼓膜から受け取った振動子を増幅させながら蝸牛(有毛細胞が詰まったセンサー)に伝えるという役割があるんだけど、僕の場合はそれが生まれながら奇形だったことから音がちゃんと伝わらす、難聴になっていたのだ。それはS氏が言うところの「新しい感覚器官を獲得した」ということなのかも知れない。ただ、今回の処置が期待通りの機能をもたらすのかどうか、左脳の反応も含めて1〜2ヶ月程度を経ないと評価できないらしく、今はまだ(外耳道にガーゼが詰められていて)気導音が聞けないこともあり不安ばかりが先走っている。

それから、後遺症として味覚障害が続いている。味覚が15%程度欠損してしまっているのだ。手術中の鼓索神経損傷がその原因、時間の経過とともに改善されるとのことだけど…

断片的なメモは続く。