雨粒みたいな時間が降り続いているようだ。しかし何も聞こえない。エクリチュール。デッサン。ノワール・ダンクル。

曲の展開イメージを脳裏で繰り返し、歌詞の出だし四文字を書き記すために数週間を費やしてしまう。俺の指向性は今、非常に悪い。

自律神経、再び失調気味。胸の痛み、痺れに人知れず翻弄された一日。

δ誌到着。タイプ・セッティングの妙。古いノート、記憶のマテリアル。

二日間の断酒明け、ウイスキーを飲む。明け方、果てしない不安イメージと言語地獄にさいなまれ、アルコールの恐ろしさを知る。

ウィスキー。20代はアメリカン、30歳前後からスコッチ、アイリッシュ、そして今はジャパニーズ。以降、不定期連載。

先ずはFINLAGGAN。Old Reserve、Original Peatyと2種類あるが、Old Reserveを選択すべし。目白田中屋にて2,420円で購入。安くて美味い、しかしなかなか出会えないIslay Malt。Islayらしさ爆発。


FINLAGGAN(Old Reserve)

冷え切った街路で、突然記憶が焚き上がる。スイッチを入れたまま、だったことを思い出す。

心の中にしまっておく。いずれ、忘れる。

午後、高田馬場F1ビル7Fにてギタリスト、T氏のレッスン。本当は30年くらい前にマスターしておくべき内容だと思うが、後悔しても仕方ないのでとにかく前へ。しかし思うように動かない指先、左手小指の第一関節が腫れ上がって痛い痛い。

終わったー。で、帰りの新幹線待ち時間を利用して新大阪地下街で乾杯、危うく乗り遅れそうになる。

凍てつく品川駅歩廊から新幹線に乗り込み、大阪へ。移動してもやはり寒い。


淀屋橋付近

打ち合わせを終え、銀座一丁目から日本橋方面に向かって歩いている。青天井モードなビル群、足下は光る素材のミュール。身を切られるような寒さだ。

各楽器の音域を改めて調査。しかしヴォーカルは非常に理解し辛い。hihiAとかmid2Cとかなんなんだよこれ。単位はHzに統一して欲しい。

誰ですかあなたは、な黄昏時。知らないうちに、勝手にiPhoneがKさんに電話を掛けた模様。やがてKさんから折り返しTEL、状況把握に戸惑いつつも、久し振りに聞く肉声が肉体にしみじみ響き渡るのはなぜか。

午後遅く、新宿にてeelリハーサル。音の彫琢。あと数曲できたらRecして、このドメインからワールドワイドに発信予定。

終了後、ゲンと共に三丁目、Base Bar。現象の彫琢。

創作アクティビティ。ピアノとギターを行き来しながら一日が終わる。あれこれ考えても明確な解を得られないのが音楽の面白いところ。

仕事を終え、夕刻のフライトで帰京。太平洋ベルト地帯・なかんずく瀬戸内工業地域の穏やかな腰構えにやられてしまったようで、緊張が解けると共に体の節々が痛む。

夕方のフライトで山口県岩国市へ。ライトアップされた錦帯橋を眺めつつ、地域特有の日本酒を飲んでいる。なんでも、「獺祭」で有名になった旭酒造はこの近くらしい。で、数種類飲んだ中で「金冠黒松」が日本酒らしくて良いと思った。普段日本酒を積極的に飲むことは無いけどね。