今日も昨日と同じ。何だかよく分からないけど。

忙しい。何だかよく分からないけど。

数十年振りに四人囃子『一触即発』(1974)を聴いている。先日エンジニア氏にEELの新曲デモを聴いてもらったところ、そのうちの1曲が四人囃子っぽいとのことだったので、どんな感じだったかなー、と。

東京都美術館にてコートールド美術館展。日が暮れて、ライトアップされた目白庭園。光の質、変化が水面に印象派の如く。

冷たい雨降りしきる夜、岩本町でRecエンジニア・Kさんと打ち合わせ。この後の進め方を決める。

ひねもす、感情の雨漏り。その修復作業、よもすがら。

街路を渡る冷ややかな風が脆い陽射しを突き抜けていく。

アレルギー持ちのくせに山芋を食べてしまい、深夜までのたうちまわる羽目に。ここ数日の寝不足と相まって、グルーミィなイメージばかりが脳裡を駆け巡る。

宿酔、『千の天使がバスケットボールする』。昨夜ゲンと飲み過ぎてしまったようだ、日中いろいろ試してみるも上手くいかない。

午後、代々木のスタジオでレコーディング用ガイドをレコーディング。新曲2曲のDr、Bassを録る。

ハイハットの音が聞こえるな、ってふと我に返るとそれは沸騰したやかんのフタの音だった。脳が痺れたままアルコール摂取中のこと。

学生の頃の音楽仲間にMXR dyna compを譲って貰った。また頼んでみようかな、おじさん達、昔の機材を持て余しているだろうから。

夜、南新宿ギャラリーZ。リヴィナールはソットサラス風、ワンセンテンスでレヴェリックを奪い去る彼のライプカーブに震撼。幻想都市にはパラフィンワックスを、ということか。

午後、通りを隔てて向かい側のビルにある音楽教室のスタジオでグランドビアノ弾きながら新曲のAメロ見直し。その後、娘と歩いて雑司ヶ谷方面を遠廻りして池袋のブックオフ、マンガまとめ買い。帰りも歩いて山手線沿い、フランクロイドライトの小路。秋の夕暮れ、つるべ落とし。

京王線車中でDTMストリングス・アレンジ関連情報インプット。例えばシンセサイザーと電子オルガンの違いとか。調べ始めるとものすごく面白い、全く意識したこと無かったけど。

今夜も過労で痺れるカラダ。

気がつけば既に11月じゃないか。仕事が超ピーク、皮膚感覚が麻痺状態。

御苑付近『夜のカフェテラス』 にて作詞。小一時間経ったあたりで不意に現れた女が隣で煙草を吸い始め、創作断念。

無料のソフト音源(ストリングス系)をあれこれ試してみる。しかしぐっとくるものが無く、やっぱり金払わなきゃダメかなー、って思っていたところ、娘が通う音楽教室にあるYAMAHAのSTAGEAがいいんじゃないかと閃いた。100万円近くする高級エレクトーン、これでオーディオRECすればリアルな音が録れるかもしれない。