仕事を休んでクリニック数件をはじご。人間ドックでひっかかってしまったので、精密検査に向けた相談。

その帰りに通りかかった花冷えの神田川遊歩道、開花は50%程度か。帰宅してRADIOHEADの2016年ライブを思い出した様に観る。

久し振りに新宿三丁目、Base Bar。炸裂するJBLサウンド、つい飲み過ぎてしまう。

遙かな記憶の輪郭の記憶の遙かな。

遙かな春は晴るかな。

… 京王線車中にて、人生の間が持たなくてさ。

仕事帰り、薄暮の白山通りが何とも不安定な桜色。そんな季節だな。

昨日作った音源を通勤電車の中で聴いている。すると全体の中で各音が違った表情を見せ始める。拍子を6/8から4/4に戻してみるか。

自宅にて作曲。あれこれ考えて構成を決めて、ピアノでバッキングをRec。後は仮歌を録ればリハに持って行けるんじゃないかな。

花粉に脳裏が霞む。しかしその思想群がやがて、イメージを拡散するエーテルの如く。

六本木・森美術館にて新・北斎展。想像を遙かに超える内容、ボリュームに圧倒される。しかしあまりの混雑振りにその多くを消化不良。

たまらなくむしゃくしゃする。道半ば、後楽園の幸楽苑でひからびたチャーシューつまみにビール。するといくらか沈静化。

しなくてもよい論争、記さなくてもよい言葉。

自ら潰れる。自ら壊れる、ではなく。
自ら潰れる、自ら壊れる。この隔たりは大きい。

音楽に合わせて現実が変わっていくような、そのような音楽。

音楽に合わせて現実を変えていくような、そのような音楽。

いずれ自潰するイメージ、を録り重ねたトラック。

新曲のコード譜を書く。イメージだけで全てを解決しようとしていたこれまでの自分を否定しながら。しかし今日も花粉が辛い。

昨日受けた人間ドックで数カ所問題を指摘され、これから再検査受けたり改善に取り組んだりしなきゃならない。いや、酒量を減らせば良いだけなんだけど。

花粉で目と鼻が辛く、何もできない一日。

朝、新幹線に乗り込み西へ。日が暮れて、再び新幹線に乗り込み東へ。往復1,500km短時間移動で歪む思考空間、その結び目が三次元的に絡み合って意識から離れない。

概日リズム、概日リズム、概日リズム

屋敷豪太の新譜『The Far Eastern Circus』を繰り返し聴いている。こんな感じのアーティスティックなサウンドに惹かれるなぁ、ジャンル問わず。

午後、ピアノに向かって新曲のアレンジを練る。窓の外は冷たい雨。

土曜日の朝。キース・ジャレットの名盤『ケルン・コンサート』を聴きながら。久しぶりの快晴、たなびく春霞。もうすぐ春かな。