澄んだ夜空がまるでカンバスみたいに、街の優しい光がそれを彩っている。幻想の波間に揺らぐ淡い発光体、存在と虚無の間に腰掛けた半覚半睡のまどろみが今、イメージを拡散するエーテルの如く。