会社にて産業医と面談。結果、時期尚早とのことで復帰までもう少し様子を見ることになった。この間、必死でコンディション調整してきたのにさ。悔しい。

ベンゾジアゼピン薬の恐ろしさ。これまであまり具体的なことは記してこなかったが、実はベンゾジアゼピン離脱症候群という離脱症状に悩まされている。この6月頃まで、目の前の苦しさを凌ぐために都度医師に症状を訴えては睡眠薬や抗不安剤を処方させて(!)きたのだが、副作用など全く気にしていなかった。というか、気にする余裕さえ無かったんだけど。

仕事をしばらく休むことになってすぐ、医師の許可を得てもう必要無いと思われる睡眠薬などベンゾジアゼピン系薬数種の服薬を止めた。その直後から副作用と思しき離脱症状が表れ始め、その後1、2週間は本当に苦しかった(一時はこのまま復帰できなくなるのではないかと本気で不安になった)。そしてここ数日は落ち着いてきたこともあり、ようやくこれまでの自分を客観的に振り返ることができるようになった。具体的な薬名や使用量は追って。

今は3種類服薬しているが、そのうち1種類がベンゾジアゼピン系である。今週からこれまでの半分に量を減らして様子をみている。来週復職するまでに断薬の見通しを立てたいという思いがあるので。で、相変わらず軽い動悸は続いているものの、先々週〜先週あったような耐えられない苦しさには程遠い状況。

いずれにせよ、克服に向けて心身とも日に日に上向いているのは間違いない。もう少ししたらもっと詳細な体験談をモノ・ログしたいと思う。

暮れては明ける日々は、生き物と同じだ。悲しいと思えば悲しい日々がやってくる。だけど少しでも心の動きを芽生えさせることができれば、そしてそれを継続させることができれば、やがてそれに相応しい日々が形成される。この数週間、それまでの日常からはみ出したことでそう、気付いた。

体調、気持ちとも随分上向きになり、来週後半から復職することになった。この間、僕を支えてくれた妻と娘に感謝。

随分調子が上向いてきた。睡眠も充分取れるようになった。食欲も出てきたし、体重も若干増えた(一時期は61kg!まで減少)。日中の動悸だけは相変わらずだけど、これは時間の問題かな。

今日も日中、軽いけどじわじわと攻めてくる感じの動悸。自律神経の乱れだな。夕方、ランして汗を流すと収束。先週末から毎日続けている、5-6kmだけど。

今日も軽い動悸が続く。脳の休息には森林浴が良いという、急に山へ行きたくなる。

断続的な軽い動悸。これが結構辛いのだが、某氏からのアドバイスによるとこれはまだ脳疲労の状態にあるのだ、という脳からのメッセージらしい。気持ち的には十分休んでいるつもりなんだけどなぁ。

朝7km、夕方5kmランして毒抜き&体力回復を図る。しかしこの暑さのせいか、体重が更に減ってしまった。

件の「わだかまりみたいなかたまり」は終日現れず。嬉しい!

午後、胸元に突如わだかまりみたいなかたまりが現れ、僕を謂れ無き不安に陥れる。離脱症状だ。その苦しい思考回路にぐるぐる振り回されていたところ、娘が救い出してくれた。自転車でどっか行こう、って。

正直言って気乗りしなかったが、敢えて灼熱の街路を娘と自転車で走っていたら徐々に気分が和らいでいく。

帰宅して更に5kmランして汗を流したらあのかたまりはすっかり消えていた。明日から毎日続けようと思う。ここ数ヶ月の毒が体内に相当量溜まっているような気がするので、徹底的に毒抜きしよう。体力回復はもちろんのことだけど。

早くもとの体に戻して復帰したい。ただそればかりを願っている。

離脱症状はかなり弱まった。

妻の母上からのお誘いにて、皆で日帰り温泉へ。その後お宅へ招かれ、夕食をご馳走になる。何気無いはからいに感謝すると共に、ご心配お掛けしてしまっていることを申し訳なく思う。

激しい離脱症状に耐えられず、主治医の許へ。結果一種類のみ復活させることになった。

春先から不眠などの症状がひどくなる度に薬を増やして凌いできたのだが、それを止めただけでこんなに辛い思いをするとは…

俺は復活できるのだろうか。ひどく不安になる。

終日、離脱症状と思しき動悸やめまいに苦しめられる。想定外の課題出現に、愕然。

朝から漠とした不安と胸締め付けられ感。離脱症状に苦しめられる。ランチに妻が作ってくれたピリ辛グリーンカレーを食べたら少し落ち着いた。

雨降りしきる午後、豊島区の中央図書館へ。精神医療系の専門書ばかり読んでいたら突如食あたりならぬ書物あたり状態に、更には激しい動悸とめまいに襲われる。やめときゃよかった…

「最近、顔色良くなってきたね」と妻が言う。何気ない一言に救われた夜。

午前、掛り付けの心療内科へ。休み中の過ごし方などあれこれ相談、そんな中で本日から減薬を試みることになった。

これまで処方されていた薬名と残数を事前に一覧にして持って行ったのだが、結果、6種類だったものが2種類に絞り込まれた。2週間分を処方され、次回は前向きな話ができればいいなぁと思いながらも明日以降、離脱症状が表れるのではないかと不安。

午後、絲山秋子、町田康の短編を読む。夕方、雑司ヶ谷から護国寺界隈を約60分、走ったり歩いたり。体力回復にはまだ時間が掛かりそう。

実は休職した途端にあの激しい苦しみに猛攻撃されることを覚悟していたのだが、本日も奴は表れ(個人的には現れ、なんだけど)なかった。

今日からしばらくの間、会社を休んで自宅療養することになった。不思議なことに、胸元がぐーっと締め付けられる感じや手足の震え、といった症状が今日は全く表れなかった。約2ヶ月半ぶりではないかと思う、あの苦しみが消えたのは。

終日、雨。以前、Kさんから頂いた北園克衛のエッセイ集を読む。

旧友Kに誘われ、THE GROOVERSのライブ@吉祥寺GB。久しぶりのライブハウス、その雰囲気と音圧に何故か喜びと悲しみがアタマの中で行ったり来たり。

終了後、雨降るハモニカ横丁付近で飲む。ぎこちないコミュニケーションしかできなくてごめん。近々また飲み直そう。

来週からしばらくの間、仕事を休むことになった。メンバーに更なる負荷を掛けることが心苦しくてたまらないが、自らの快復を最優先にしようと決意。

僕は緩やかに正常な思考力を失い続けている。やばい。