出版不況、特に雑誌の落ち込みが激しい昨今であるが、某誌編集長のものづくりに対する熱い思いにほだされ、雑誌復権に向けたプロジェクトに参加することになった。「ネットとの連動」とか「立体的な誌面展開」とかそんなものではなく、雑誌そのものの良さを再度アピールしていこう、というものだ。彼女とあれこれ話をしているうちに、僕も一肌脱ぎたくなってきた。これから知恵をぎゅうぎゅう絞りつつ、なんとか良い結果を出したいものだ。

2009-07-30


モニタースピーカー(YAMAHA MSP5 STUDIO)とバランスケーブル(ZAOLLA ZSTX 103M)が届く。で、早速セッティング。音の解像度、というか分離感が素晴らしい。ようやく自宅レコーディング環境が整ったので、来週から密かに作業開始予定。

2009-07-26


早起きして新宿スポーツセンターで2,000mクロール。

午後、新曲の構成を考えながら新宿御苑を散歩。代々木の深い森を抜けて千駄ヶ谷門あたりで閃光、しかし娘の泣き声に全てを掻き消されてしまう。

西洋庭園でコカ・コーラ飲みながらも凝視できない太陽。崇高な、一回きりの、複製芸術ではない、オリジナルな、眼底を射抜くアウラ。どんなに身近にあっても近づくことのできないユニークな現象。

2009-07-20


引き続き作曲作業。基本となるリフが出来るや否や、アレンジやら展開やらでアタマから音が溢れ出しそう。

自転車に乗って山手通り〜早稲田通りをかっ飛ばし、高円寺へ。僕が愛して止まないBISON(倉敷のジーンズメーカー)ショップに修繕を依頼していたボロボロ数本、見事に蘇る。

あと一曲出来たら簡単なデモを作成し、ゲンに今後のディレクションを依頼しようと思う。ロックやポップスにはもう飽きた。

2009-07-12


朝、Roland Piano Digital HP207が届く。セッティングの後、直ちに作曲開始。一日中弾き続けた結果、結構良い感じの短旋律が出来た。で、内蔵メモリにすかさずRec。

2009-07-11


詩は今、孤立している〜「現代詩手帖」創刊50周年シンポ

朝日新聞の夕刊にこんな記事があった。「詩は孤立してこそなんぼだろう」と突っ込みたくなるが、更に錚々たる詩人達の「昔は良かったなァ」的コメントの数々にほとほと呆れ果ててしまう。

2009-07-08


午後、南青山の某グラフィックデザイン事務所にて打ち合わせ。デザイナー氏は好き勝手言うけれど、結局IllustratorやPhotoshopに使われているだけじゃないか。

2009-07-07


再び創作活動を開始した。アタマに浮かんでは消えていく由無き音律を心のハードディスクに不確かなまま保存する、まだその程度ではあるが。

ロックやポップ・ミュージックにはもう飽きた。そう思うと次に聴きたい音楽があれやこれやと現れる。本日はDavid Sylvian『blemish』、BRIAN ENO『AMBIENT#1 MUSIC FOR AIRPORTS』を繰り返し。

この夏が終わるまでこのコーナー、不定期更新とする。

2009-07-05




Copyright© 1999-20XX  Yoshida,Daisuke All rights reserved.