(休養)

2007-11-30


(休養)

2007-11-29


この世界で生きていくのは何故こんなに苦しいのか。にび色の空の下、何もかもが虚しく見える……すると何気ない言葉が閃いた、

「あなたらしく、あたらしく、あした」。

2007-11-28


正体不明の不安に苛まれる。もう馴れっこなのだが、一度取り憑かれるとこれがとっても息苦しい。いや、この先生きていく勇気が無いだけさ。

僕はあまりにも多くを感じすぎてしまう。しかしそのひとつひとつを、置き換えるべき言葉が無い。澱となって心の中に堆積し続けるばかりだ。

今夜もまた、のっぺらぼうな読者に向けてひとりごと。

2007-11-27


昨日は書店からCDショップから、一通り今の映画、音楽動向をチェック。しかし何ともつまらない。未だにレッド・ツェッペリンとかジョン・レノンが表紙、っつうのも情け無い話じゃないか。もはや革命的な作品など皆無、それは矮小コミュニティにおける馴れ合いの玩具と成り下がってしまった、っていう訳か。

音符や言葉にたやすく置き換えることのできない音楽を聴きたいのだ、俺は。

2007-11-26


アタマん中を空っぽに。今週末、敢えて自分に課した課題。ほぼ何も考えずに過ごす。

午後遅く、新宿へ。紀伊国屋で少し気を許しているうちに日没。新宿通りの人込みから『闇に吠える』。三丁目に辿り着いてBar Base。LAGAのCASK飲んでほろ酔い。

2007-11-25


(休憩)

2007-11-24


(休憩)

2007-11-23


(休憩)

2007-11-22


得意の誇大妄想でなんとか一日を乗り切る。いや、これは浪漫だと解釈することもできる。それが無ければ、生きてなんかいられない。

2007-11-21


落ち込み激しく、昼飯喉を通らず。まるで全世界から人格を否定されてしまったような気分。

「気難しさが原因で、俺は一生をふいにした」。誰かの詩句が脳裏をよぎる。

2007-11-20


随分冷え込んできた。我が家はマンションの6F、この季節は北風に晒されて建物自体が冷蔵庫状態。たまらずこの冬初めて暖房を入れる。

夕方、二つの閃きを得る。透かさずメモ。さらにストレッチさせて、企画の骨子を書き上げる。

京王線車中で再び閃く。こちらは留守電に鼻歌メモ。帰宅して聴き直すと全く音程が採れず、あぁ困った。

2007-11-19


夕刻、渋谷シネ・アミューズにて『ダブリンの街角で』。豊かな音楽。それを奏でる男と女の儚いアンサンブル。

終演後、新宿三丁目Bar BASE。素晴らしき映画の余韻に浸る。

2007-11-18


新宿スポーツセンターでスイミング60分。

2007-11-17


接点と分岐点* 走査線の細かい目 * 沈黙の充溢 * 脳が痙攣

2007-11-16


澄み渡る空気。夜の解像度。際立つ都市と夜空の境界線。俺の頭ん中もくっきりクリアにならないものかな。あぁ、閃きが欲しい。

2007-11-15


午後、日本IBMにてクロスメディア・パブリッシング部会。Google、Yahoo!が広告エリアを新聞紙上にまで拡大、大手代理店が始めたWebからの広告出稿受付サービス、等々。新聞&広告業界、屋台骨がゆるみ続けている。

2007-11-14


午後、モバイル系各種プレゼンテーションを拝聴。今や小中学生の80%がDSを所有し、居間のPCを独占してニコニコ動画、テレビには見向きもせず視聴率は下がる一方。携帯はゲーム、音楽、コミックのDL販売など隙間時間を埋め合わせる隙間ビジネスが大隆興、まもなく通信速度もFTTH並みに速くなり、こういった傾向にますます拍車が掛かる見通し、だとか。

夕方、某氏からメディア系資料の提供を受ける。繙くに、人々の情報収集率はここ数年右肩上がり、情報提供力が最も強いのはインターネット、商品の提案力ならスーパーマーケット、デパートはその中間、云々。

2007-11-13


思考も体力も徐々に鈍化する中で、今一番欲しいのは機知の閃きである。頭の中をジャブジャブ洗濯し、汚れを落として乾燥させたい気分。

今日も一日働いた。肩に細かく降り積もるちり、あくた。

2007-11-12


終日、雨が降ったり止んだり。何もする気になれず、ぼんやり過ごす。あと数日休んで英気を養いたいが、しばらく叶いそうにない。

気晴らしにギターを弾く。しかし出てくるのは有気音ばかり。仕方無い、ブランデーでも買いにいくか。

2007-11-11


終日、冷たい雨降りしきる。何もする気になれず、ぼんやり過ごす。

夜、椿山荘のレストランで妻の誕生会。彼女の母上とうちの両親が出席。皆さん楽しんで下さった様子。

妹からメール。論文の審査会のため年末に一時帰国、との由。

2007-11-10


出張で岡山へ。天候すこぶる良く、機内から見下ろす山々があちらこちらで紅色橙色。到着するとさすがに日本で一番日照時間が多い地域、燦燦たる陽光である。

打ち合わせを終え表へ出ると、すっかり薄明の街並。最終便で帰京。

2007-11-09


精神的に追い詰められている。生きていくために何とかしてこの難局を乗り切らなければならない。ところがソウル値の低い輩に振り回されて一憂一憂。今は全く沈黙せよ、そして密かにナイフを研ぎ澄ませよ。

2007-11-08


昨日の件、起業するつもりで取り組むことにした。ポイントは検索機能と「一人一人に最適化されたプラットフォーム」。しかし気軽に相談できる人が身近に居ないのが辛いかな。

夜、テレ東のWBSを観ていたら、BYP?のギタリスト氏がスーツ姿で一瞬登場。みんな頑張っているんだなぁと、つくづく。

2007-11-07


新たなミッションが下され、恍惚と不安、我にあり。

しかし年々プレッシャーが大きくなっていく、仕事も生活も。NHKの『プロフェッショナル』みたいな感じにならないと生きていけないのだろうか、この世界は。

まぁ玉砕覚悟で臨むしかないな。瓦全保身を図ったところで現状何も変えられない。

…ところで君、モルトウィスキーを持ってきてくれないか。

2007-11-06


小沢一郎の辞任劇。裏の裏を読んだパフォーマンス、と直感。

夕方、汐留のトッパン・フォームズ本社。打ち合わせを終え表へ出ると、黄昏のビル群に迷い星。

2007-11-05


夕方、新宿タワレコでCDを物色。CHRIS MINH DOKY『The Nomad Diaries』、HERBIE HANCOCK『The New Standard』を購入。その後Bar BASE。仕事のことが頭を離れず、鬱々。

2007-11-04


ギターの整備。その後新宿スポーツセンターでスイミング60分。帰りしな、目白田中屋でISLAY MIST DELUXE。久し振りの大ヒット、¥1380なり。

2007-11-03


随分冷え込んできた。目白通りの銀杏並木が黄色味を帯び始めている。間もなくこの界隈はゴッホの絵の如く、オレンジ色に染まるだろう。

気付けば今年も残り二ヶ月、しかしまだ一曲も書けずにいる。様々な楽句が読み止しの本のように、脳裏に散らばったままだ。

当サイトkisaragisong.orgの近いリニューアルに備え、少しずつXHTML+CSSへの移行を進めている。現状Safari(Version 3.0.3)とIE(7.0)でしか表示確認できないので、不具合あればメールで指摘して欲しい。

2007-11-02


生きていくのは何故にこんなにしんどいのか。はたまた人の世とは、こんなものなんだろうか。

争い、いがみ合い、蹴落として、生き延ばす。

2007-11-01


Copyright© 1999-20XX  Yoshida,Daisuke All rights reserved.