Index>>>

永らく、僕にとって春は残酷きわまる季節だった。
T.S.エリオットの『荒地』、そのものだった。
そして時季を経て、春は希望の季節となった。

僕もこのモノローグも、再始動である。

2007-03-31


<<<Prev