Index>>>

「心にいつも青空を」。

2006-11-30


ふと気が付けばもう六年目、このモノローグ。小学生なら卒業年次だな。

代謝良く。そしてチャレンジ。余分な肉塊を付けないこと。

相変わらずこんな感じで行こうと思う。

2006-11-29


走り続けるしか無いのかな。しかし不惑が不安、本質的矛盾と根源的無と。

それがヒトのガソリンなり。

2006-11-28


楽しい週末だった。僕は餃子の皮を打ち、そして焼いた。天才だと皆に称された。

061127.jpg
餃子のタレを作る女性陣

二進も三進も行かなくなったら、皆で餃子焼いてその利益でアイラ島へ行こう!と一方的に決める。

2006-11-27


午前遅く、4人一斉に起床。寝惚け眼な雰囲気の後、皆で散歩。至る所にプチ紅葉。

2006-11-26


午後、Nさんと共に宴の仕込み。夕刻、ゲンさんすみちゃん来客。呑む、喰う、話す…明け方まで。

2006-11-25


(休憩)

2006-11-24


勤労感謝の日。「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことをその趣旨とするんだそうな。

夕刻、新宿南口界隈。至る所に電光飾。買い物の後新宿三丁目Bar BOX。LAPHROAIG。

2006-11-23


某所にて「検索結果表示とメタデータの有効活用」「XML複合文書技術の動向」というセミナーを受講する。昨今、企業の競争力と収益力の源泉が知的(人的ではなく)資本に移行しつつある、という認識。非効率なレイバー、時代錯誤なストレスよさようなら。

2006-11-22


新曲の構想を練る。ゼロから何かを創り出すのはしんどいけれど、一旦デッサンを描いてしまえばあとは勝手に拡がる夢幻世界。

しかし「ゼロから何かを創り出す」っていう気概がまるで無しなんだよな、いわゆる「クリエイティブ」な業界には。

2006-11-21


朝目覚めると上京中の母が朝食の準備を始めている。年齢関係問わず、女性と一緒に居ると途端に食生活が豊かになるな。当人はダイエット云々とほざいているけどさ。

そして気持ちは上り坂。再び創作意欲が湧き始める。女性の存在はとても大きい、年齢関係問わずにね。

2006-11-20


冷たい雨降りしきる中、有酸素運動60分。その後はギターを弾きながら、曖昧な空が暮れていく。

2006-11-19


午後、Nさんと共に池袋、全国伝統的工芸品センターへ。K夫妻への贈り物を購入、備前焼の麦酒呑。

街はすっかり冬の様相、寒い寒い。

2006-11-18


eelさんの次回ライブ、決定。

歌舞伎町市松物語 其の十五

2007年01月15日(月) 新宿LOFT

OPEN 18:00 / START 18:30 ADV ¥2,000 / DOOR ¥2,500
【出演】TOKYO LOSANGELES / Alice Tea Party / yukki / TARI with SHOCK&TABOO / eel
【発売】PIA・LAWSON・LOFT 12/9〜

2006-11-17


今宵も金色のウィスキーを飲みながら。

いや、酒と共に去りぬ、我が妄想の日々。

東京も急激に冷え込んできたな。

2006-11-16


人間活動のうちで、芸術は最も革命的ならざるものである。金利生活者、商人、資本家たる状態は各自いささか革命に寄与しているものの、実際には崩壊済である。しかし芸術は、それだけで芸術の問題を解決し、唯一無二の完全な理想世界を描くのだ。

しかし芸術作品は日常生活の中にまででしゃばって、誰それに投票せよとかこのような工場を建てろとか、我々に命令を下すことはできない。なぜなら、芸術に無関係な世界においてどうこうせよという指摘は、芸術自身の秩序を破壊するからだ。

2006-11-15


(削除)

2006-11-14


学ぶことで、僕は不安から逃げ出せる。
学ぶことで、僕は初めて安堵する。
学ぶことで、僕は解放されるのだ。

学ぶこと。唯一無二の、生きる道。

2006-11-13


一転して青空。しかし不安。君如何であることは充分分かっているんだろ。

今まで頑張って生きてきたんだ、これからだって何とかやれるさ。

2006-11-12


終日、冷たい雨降りしきる。日が暮れて、新大久保で台湾料理。その後目白駅付近の地下室でモルト。

2006-11-11


空虚から
空虚へと
無際限の
同じ飛沫
七色の虹
文化科学
欺瞞から
ギヤマン

2006-11-10


思考癖、終わり無き不安癖。苦しい…

「夢見ねばならない」とレーニンは言っている。
「行動せねばならない」とゲーテは言っている。

2006-11-09


朝、睡より醒むるに不安澎湃たり。否、憂愁来るべからず。

予が独白筆硯せしこと幾五歳。醜行をありのままに記録せしは心中懺悔堪えざるものから、せめて他日の戒めにせむとてなり。

2006-11-08


夕暮至り風忽寒し。入浴し黄金の盃。酒気妄りてNGNを検す。

2006-11-07


日暮。目白駅を降りぬれば商舗紅灯を点じ、枯木亭々たり。悲しみ更に深し。

2006-11-06


日々寒気加はる。漫歩すること半日。22時、頭上に満月。

2006-11-05


花園神社、酉の市へ。間もなく師走を迎える新宿の風物詩。しかし大変な人出に閉口。

その後三丁目の屋台で上海料理。のどかな晩秋の夕べ。

2006-11-04


有酸素運動90分。山手通り、初台往復。その後新宿で買い物。しかし何も買わず。日が暮れてBar BOX。しんみりラフロイグ。

eelさんの活動場所が見つからず困っている。どなたか我々と一緒に企画しませんか?

2006-11-03


我思う、ゆえに・・・我最早なし。

2006-11-02


希望を持って生きること。それこそが不可能を可能にするんだな。

しかし大事なことは、望んだり生きたりすることに厭きないこと。苦悩が頂点に達したとき、僕らは解放されるんだ。

2006-11-01


<<<Prev