Index>>>

ここ暫くの間、かつて無かった程に心持が不安定だった。そして今ここに並ぼうとする言葉たちが、今夜も風に揺れている。

一行でも一言でも、ここに書き記し続けようと思う。それは僕が社会に潰されていく様を描くのか、それともその逆なのか。今は分からない。

その一方で、新しいサウンドを希求する僕。再び創造の暗闇へダイブしようとする僕。

明日から葉月。もう、秋だ。

2006-07-31


(休憩)

2006-07-30


下北沢にてゲンの誕生会。梯子飲み数件、最後はベルギービール。

深夜、ふと我に返る。不安と闘って死ぬには、どのくらいの抒情が必要なのだろうか。

2006-07-29


(休憩)

2006-07-28


(休憩)

2006-07-27


(休憩)

2006-07-26


ザ・ライブ。最高のアンサンブル。eelって、めちゃくちゃ格好良いなぁ。

そしてさよなら、四谷フォーバレー!

2006-07-25


(休憩)

2006-07-24


夕方、明後日のライブに向けてバンドリハーサル。久しぶりだというのに超ハイテンションなアンサンブル。僕自身、若き頃を遙かに凌駕するエネルギーが、さらりと。

帰宅して、妹の誕生会。ささやかな祝宴。

2006-07-23


独りスタジオで歌う。これだけ続けてきて、最近ようやく歌い方を会得できたような気がする。

日光へ行く、と言って母と妹は出掛けて行った。

2006-07-22


母が上京する。早めに帰宅して彼女の手料理をつまみに飲む。キッチンに食材がごろごろ転がっている。少しだけ幸せな気分になる。

2006-07-21


暗澹とした思い。漠とした寂寥感。胸中アナーキー。

誰か僕に笑い方を教えてくれないか。

2006-07-20


ステンドグラス。向こうから光がやってくる。それは内部イルミネーションをオンにした。

僕の知覚を広げ、価値観を変えたのだ。

2006-07-19


妹が夏休み帰国する。そして暫くの間、一緒に暮らすことになった。

異国の地で彼女も相当苦労している模様。「来年、永住ビザが取れるかもしれない」。正式な国交が無い国だけに、確かではないらしい。

某氏より「疲れた時は、「頑張れ」よりも「ダメならダメでいいや」 の方が有効な場合もアリ。のんびり行きましょ。」とのアドヴァイス。とても気持ちが楽になる。

2006-07-18


終日、雨。塞ぎがちな気分に拍車を掛ける。

えいやっと、独りスタジオへ。恐ろしく健康的に鳴る僕の声。

光に近づけば近づくほど、影も濃くなるものさ。

2006-07-17


今日も独りスタジオへ。僕の復活は、きっと間もなくだ。

休日出勤。ほんとは昨日出社するつもりだったんだけど、ダメだった。

夜、Bar BOX。程無くユカワが現れる。eelさんの夢。

帰り道。男らしく生きていこう、なんて僕らしくない決意。

2006-07-16


独りスタジオで歌う。僕の復活を急ぐ。

日に40-50通のジャンクメール&BBS荒らし。kisaragisong.orgドメインが穢れていくような気がして、とても悲しい。

今日も孤独と不安を拭い去ることができなかった。

2006-07-15


小さな草
石を砕いて芽生え
青々としたいのち

…不安に指先が震え、ギターの弦を押さえることができない。

いまわのきわの息の結び目から
ちりばめられた星座のような言葉

…不意に涙が溢れ出した。

2006-07-14




頑張れ、おれ。

2006-07-13


吉本隆明『日没』『涙が涸れる』

わたしこそは戦いだ
大事の夢を喪って
生きながらえた余計者だ

窮迫した僕らの生活からは
名高い恋の物語は産まれない
僕らは君によって
君は僕らによって
ただ、屈辱を組織するだけだ

2006-07-12


鬱状態からほぼ脱却。それにしても恐ろしい体験だった。

もう怖いものなど無い。守るなんて、知らない。鎌のように光る瞳、遠くを照らすサーチライト。

僕の覚醒。まるで眠りのように、冴える。

2006-07-11


みうらじゅん氏の事務所を訪ねる。とても素敵な御方。思わず「プヒ〜」な話をしたくなったけど、敢えて仕事の話に終始。

「やりたいことをやるだけさ。だから上手くいくんだよ」。

分厚い雲の向こうに、夏が居る。

2006-07-10


独りスタジオへ。ギター弾きつつ歌う、歌う、歌う…

梅雨空が、やけに重たい。

2006-07-09


早朝、はっと目が覚める。仕事のことを思い出したのだ。その後は全く眠れず。そんな日々。

夜、久しぶりに西荻窪へ。BYP?のライブ。その昔足繁く通った街、付き合っていた彼女が暮らしていた街。

少し遅れてユカワが現れる。そして会場へ。彼らのライブを観るのも久し振りだ。

終演後、新宿三丁目Bar BOX。実家へ帰ることになったM君の送別会。終電間際まで。

2006-07-08


午前中、デジタル パブリッシング フェアへ。東京ビッグサイト。ゲートを潜ると、殆どのブースが電子書籍の展示だった。そしてGoogleのブックスキャニング&検索サービスを目の当りにし、ここまで来たか、の感。しかし会場は夢に溢れていた。

午後、会社へ。現実に引き戻される。深夜まで全力で働く。仕事帰り、某誌編集長氏に誘われ、ビール。彼と話しながら、久し振りにほっと安堵。

2006-07-07


雨晴海岸。重厚長大な、夕暮れ。

高性能な郷愁。僕の心に唯一残された、人間的な陶酔。夏の一日。

電話口で、風がむせぶ。負けるな。俺も何とか間際に踏み止まっている。

2006-07-06


サッカーなんかに現を抜かしている場合じゃない。勝負事とは、寂しい人間の寂しい所為なんだ。

薄紫色のくちびる。女のひとみにナイフがきらめく時。殺されてよきいのちの、あるなし。

2006-07-05


氷水に浸したきやべつときうり。にんにく味噌を付けて、麦酒。夏である。

誰しも競争なんて嫌いなんだよ、きっと。

用意どん。てぽどん。

2006-07-04


断食芸人。

るさんちまん。

夜のガスバール。

青い花が、赤かった。

2006-07-03


有酸素運動60分。さっさと体を復活させなきゃ。

飯田橋で下車し、歩いて四谷フォーバレー。今のところ九月上旬まで営業、その後のことは決まってないそうだ。そして07/25ライブのチケットなどを受け取り、夕闇迫る新宿方面へと再び歩く。

Bar BOX。ひとしきり飲んで店を出ると、ゲンからメール。ありがとう。

漠とした不安。なかなか拭い去れずにいる。

2006-07-02


非情な風景。風にそよぐ深い世界の孤独。夜の暗い実在。

久し振りに旧友Kと飲む。彼と出会ってから約18年、相変わらずの語り口に心が和む。彼に個人的な苦悩を吐露すると、「それに気付いただけでよかったじゃないか」なんてさらりと言ってのける。そんな彼もこの人生に相当悩んでいるようだった。

この先、どうなるかわからない。最悪の事態を想定しつつ、前向きに生きていくしかないと思う。

2006-07-01


<<<Prev