Index>>>

孤独、不安と戦い続ける日々。

僕に話し掛けてくれないか。君の肉声に接したい。

2006-06-30


不安神経症、再来。渾身の力を振り絞り、辛うじて今日一日を振り切った。

生きようとして生き切れない霊魂。遠い空から声を発する、芸術。

僕が最後のモノローグを記すとき。

2006-06-29


昆虫。農薬。

生ぬるい細雨が嵐を夢幻に追いやる頃。

紫陽花の七変化。光の分散。

本日も、曇天なり。

2006-06-28


ここ暫くの間、初めて鬱病というものを体感した。不安になればなるほど、蟻地獄のアールが伸びていく。そしてひとたびその覚束無い足を踏み外せば、やっとこ状の大顎で捕食されてしまうのだ。

開き、かつ閉じる社会のまやかし。俺は闘う。だって「ふたり」の意味は、まだ片づいていないじゃないか。

2006-06-27


ほぼ復活。各方面にご心配お掛けしてしまったようで、ごめんなさい。

闘う決意。梅雨空の背後にひっそりと立ち上がる気配。

2006-06-26


朝。気持ちがすっと楽になる。

日が暮れて、Bar BOX。何とかして不安の連鎖を断ち切らなければ。

2006-06-25


休日返上で働く。不安神経症が俺の足元を覚束無くさせる。

夕方、おろおろしながらスタジオへ。こんな状態じゃ、まともに歌えるはずがない。

それでも二本の足が必死に歩もうとする。何とかしなければ。

2006-06-24


この一週間、何とか逃げ切った。朦朧とした意識の中で、気を確かに持とうと自分に何度も言い聞かせた。

深夜汗まみれで帰宅するや否や、会社より電話。あぁ。

明日も出社かぁ。夜は久し振りのeelさんリハーサルだな。

「もうどうしようもなくなったら家に帰ってよいですか」と親父に打診する。彼は優しく受け容れてくれた。

2006-06-23




(削除)

2006-06-22


潰されそうだ。果たして俺は踏ん張れるのか。

夢を抱けないのなら、もう生きる意味など無い。

2006-06-21




失筆

2006-06-20


夜が明けて、すっと気持ちが楽になる。自信持って生きよう、ってことさ。

どうしようもなくなったら、その時にその対処法を考えればよい。夢を遮るものたちに、つれなのふりや。

2006-06-19


終日、雨。昨日より不安神経症の徴候が現れ始める。しかし冷静に自分を客観視できているので、まだ大丈夫だろうと思う。

夕方、仕事関係の緊急連絡。しかし日曜日なのでどうすることもできず。

夜、Bar BOX。僕の人生最大のプロジェクト、eelさんを何とかしたい。

2006-06-18


激しいプレッシャーに潰されそうになりながら、必死で押し返す日々。もう、しにものぐるいだ。

頑張れ、おれ。

2006-06-17




負けるものか。

2006-06-16




負けるものか。

2006-06-15


猛烈な不安とストレスに苛まれ、じりじりと体重が減っている。こりゃやばい、と思って懸命に食べようとするんだけど、炭水化物が喉を通らない。

しかし、ビールとモルトは僕を裏切らない。その勢いで、必死に喰う。

2006-06-14


朝っぱらから志村坂上の凸版印刷へ。27時から始まったという製本立合い。昼までに取次完納せねばならないという切羽詰まったスケジュールにあって、工場で働く人々のきびきびとした姿に感服。

製本を終え梱包された雑誌が次々とパレットに積まれ、フォークリフトでトラックに積まれ、それが順次エンジンをふかして発車する。そんな活気ある物流の現場を目の当たりにすると、何故か生きるエネルギーが湧いてくる。

猛烈に忙しい一日だったけど、そんな働く人々の姿に救われた。

2006-06-13


混沌。忙しさにかまけて、意識的におろそかにする。

例えば、ゴールキーパーの不安(ヴィム・ヴェンダース 1972年 西独、豪)、だ。

観た?俺は観たぞ。13年前、水道橋アテネ・フランセにて。

2006-06-12


雨模様。鏡に向かって、ひとりごと。

日が暮れて、Bar BOX。芸術。あって良かった。

2006-06-11




(休憩)

2006-06-10


暗い話はもう止めにしようぜ。人生で一番大切なことは、己の義務を果たすことなんだからさ。

2006-06-09


黒闇々裡な日々にあって、夜空だけがやけに明るい。

資本主義は失敗だ。やがて広場から子どもたちの姿が消えるだろう。

関東地方は間もなく梅雨入りだとか。

2006-06-08


メガトン級のプレッシャー。辛うじて今日一日を逃げ切った。

相変わらず不安と孤独に苛まれている。そんな虚しい堕ち方に焦る。

…<源泉機械>には<器官機械>が繋がれている。一方の機械は流れを発する機械であるが、他方の機械はその発せられた流れを切断する機械である。…

ジル・ドゥルーズ / フェリックス・ガタリ『アンチ・オイディプス(資本主義と分裂症 / 欲望する諸機械)』より抄録

2006-06-07




幻日

2006-06-06


表現者たり得たい。自分の全存在を掛けて、そうありたい。然もなくば、この世界に産まれてきた意味が無い。

例えば僕は、鋳造工だ。それが僕の存在を押しつぶすほどの重量を持つまで、自ら工夫し鋳造を繰り返す。それが僕の「死」だ。

今夜も悩み、もがいている。

2006-06-05


虚構の中にこそ真実があるなんて。あてこすり。

午後遅く、歌舞伎町ジョイシネマにて『アンジェラ』。俺にもあんな奇蹟、起こらないかな。

終演後、Bar BOX。ジェームス・イハとニコラス(元Atomic Swing)。

060604.jpg

近々eelさんは「ロック・アート」を宣言予定。

2006-06-04




(暗愁)

2006-06-03


何者かが目白通りを歩いている
幸福なのかもしれないし
そうでないのかもしれない
その男が僕であればよいのだが

2006-06-02


夏の光線に包まれた無益なビルディング。悔しかったら野菜にでもなってみろ。

社会にやさしく抹殺されていく自分を感じる。その一方で、空洞を通う風の清爽。密かに積もる塵の音。

夜空だけが、やけに明るい。

2006-06-01


<<<Prev