INDEX>>>


(休憩)

(2005/10/31)



(休憩)

(2005/10/30)



(休憩)

(2005/10/29)

嬉しい出来事。仕事帰り、Bar BOX。独り祝杯。

(2005/10/28)

人の創造性における宇宙感覚。それは巨大かつ圧倒的な他者として人の前に現れたり、母なる胎内の如く人を包含する。そしてそれは意識、無意識の力動を貫いて、超自然的創造力をもって人の根源的イメージの噴出に力を与えるのだ。

久しぶりにeelナンバー『宇宙のささやき』を聴きながら、ぼんやり考える。

(2005/10/27)

電子書籍について調べを進めている。僕は言葉が何に印字されていようがこだわらないタイプなんだけど、それにより出版の自由度が各段に高まることが良く解った。取次(=流通)を通す必要も無いし、何せ印刷代、用紙代がゼロだ。

そういえばアンダーワールドの新譜は自らのサイトとiTunes Music Storeでのダウンロード販売のみで、CDリリースは無いらしい。ふむふむ面白い。レコード会社(=流通、宣伝、資本)なんかそのうち解体されてしまえばいいさ。

(2005/10/26)

神秘の森に迷い込んだ園芸師。そして根底から揺るがされた世界観、問い直さざるを得なかった自己と世界との存在様式。それが彼のまなざしを平安で明るい日常性と陽の当たる場所から、一転して森のかげりの世界へと向かわしめたのだ。

(2005/10/25)

秋晴れ、浅葱色の空。しかし何となく荒涼の季節を予感する。

虚ろな脳裏に、移ろう時間。都市の夜空に秘恋的星々。

(2005/10/24)

051023_1.jpg
終日、ひたすらエディティング。

051023_2.jpg
夜、Bar BOXにて。

(2005/10/23)

冷たい雨。霧に覆われた都市、目に映るあらゆるものが悲しい。

『私は鬱依存症の女』を観る。退屈な映画。

(2005/10/22)

仕事帰り、ふらりと高田馬場駅前のパチンコ屋。3000円負けて山手線に飛び乗る。何をやっているんだ、俺は。

(2005/10/21)

朝。目覚めてカーテンを開けると久しぶりの青空。

澄み渡る空気は否応なく僕のイメージに輪郭を刻み込む。何もかもがずぶ濡れになってしまえばその境界は無くなってしまうのに。

目に太陽を見るは楽し。
されど陽の元に新しきものは無し。
「見よ、これは新しきものなり」と、
指して言うべきもののあらんや。

(2005/10/20)

仕事帰り、今夜出演するはずだった四谷フォーバレーへ。K店長にキャンセルの詫びを入れる。

店を出て新宿通りをとぼとぼ歩く。放電灯を用いて描かれた文字、絵柄をぼんやり眺めながら、情報を供給すると称するメディアが実は反応しか供給していない、ということに気付く。

(2005/10/19)

考えなければならないことが一杯あって、アタマ飽和状態。音楽のこと、仕事のこと、生活のこと。いや、僕はいつでも矛盾を担い取って来たんだ。

先月受けた人間ドックの「成績表」が送られてきた。視力が著しく低下している。だけどとてもよく見えるのだ。

(2005/10/18)

先週末まとめた音源CD-Rを今週末のギター録りに備えてユカワへ郵送。これで何度目になるんだろう、しかし着実に前進しているのは間違いない。

コンテンツ不在なままにシステムばかりが肥大化していくこの資本主義競争社会に危機感すら覚える。ハード先にありきでそれを再生するソフトが無いのだ。

今宵、黒い霧が都市を目眩ましている。

(2005/10/17)

芸術は気晴らしではない。それは戦いであり、人を粉砕してしまう錯綜した車輪である。僕は哲学者ではない。僕は苦しみを逃れようとも思わないし、僕を禁欲的にしたり無関心にしたりする信条を見つけ出そうとも思わない。苦しみは芸術家に最も強い表現力を与えるのかも知れない。

(2005/10/16)

自宅にてヴォーカル録り&エディティング。今の僕の使命はひとつひとつのトラックを丁寧に根気よく積み重ねていくことである、画家や彫刻家のように。

(2005/10/15)

朝から晩まで働き尽くめ。とても疲れる。生きていくのは何故にこんなに大変なのか。

悲しみは感覚を鋭敏にする。しかし鋭敏な感覚が僕を苦しめる。

(2005/10/14)

コンテンツ不在なままに枠組みばかりが肥大化していくこの資本主義競争社会に辟易。昨今のニュースを見るにつけ。

そもそも美的価値を創造、表現しようとする活動こそが人を生かすものではなかったか。

(2005/10/13)

ベートーヴェン。彼はとあるアイルランド歌謡の草稿にフランス語で次のように記している。「これを見ても、いかに奇異と思われる音をも恐れず旋律に用いなければならない。なぜならそれを用いても必ず自然なアンサンブルが見出せるものであるから」。

また次のような言説もあった。「音楽こそがまさしく精神の生活を感覚の生活へと媒介してくれるものだ」。

_____ロマン・ロラン『第九交響曲』

(2005/10/12)



(見逃し三振)

(2005/10/11)

雨。これだけ長引くと生活に支障を来すよな。

自宅でボーカル録り。何とか及第点なものが録れたので、引き続きエディティング作業。あっという間に夜。

しかし同じ音源を繰り返し聴いているうちに、聴覚が麻痺して正しい判断ができなくなってきたような…。

(2005/10/10)

本日も雨模様。朝っぱらから高田馬場スタジオNOAHにてユカワのギター録り、夕方まで。

051009.jpg
蟻地獄にはまるユカワ氏

帰宅して本日録った音源を整理。しかしなかなか出口が見えてこない。

(2005/10/09)

窓の外は今日も雨。一日中G5に向かって音源エディティング作業。耳が痺れる。明日は早朝からユカワのギター録り予定、スタジオを予約してさっさと寝る。

(2005/10/08)

秋の長雨。繰り返す灰色の空に日々の思いが支配される。逆らわずマカロニと野菜をつけあわせた肉を頬張って、モルト片手にロマン・ロランとミシェル・レリスを拾い読む。

(2005/10/07)



(孤独な醸造桶)

(2005/10/06)



(自我恐怖症)

(2005/10/05)



(海の果て、倦みの果て.....)

(2005/10/04)



(厭世/感傷/把握/創造)

(2005/10/03)

ヴォーカル録りに燃える。しかしまたしても上手く録れず。

夕刻、新宿の伊勢丹で新しいシャツを購入。その後Bar BOX。約束した訳じゃないのにユカワ専務登場。そして皆で憲法約99条の不備を正す。

(2005/10/02)

見上げればアンドロメダ銀河。空漠、そして足元に広がる空虚。映画が無い、モルトが無い…

(2005/10/01)

<<<PREV