INDEX>>>

041130
次回ライブのフライヤー。

(2004/11/30)

ユカワのコラムコーナーを開設。ハッピバースディ!

(2004/11/29)

午後、近所のスタジオで独りリハーサル。新曲の歌、彫琢作業。その後渋谷のスタジオでバンドリハーサル。eelさん、再始動。

終了後じんさん、げんさんはバイシクルに乗って各々夕暮れの狭間に消えていった。そして僕はユカワくんと共にBarBOX。明日が誕生日だという彼をマスターT氏と共にテキーラで乾杯。

(2004/11/28)

2005年のカレンダーを買った。ざっと眺めると来年は三連休が多いような気がする。途端に生きる勇気が湧いてきた。

それにしても街はすっかりクリスマスモードだな。俺には関係無いけれど。

(2004/11/27)

熱の無い花
熱の無い花束
月が縦波に揺れる.....

幻を語り過ぎて少し喉が渇いた。

(2004/11/26)

仕事帰り、ゲンさん、すみちゃん、そしてBOXのマスターT氏と共に阿佐ヶ谷のイタリア料理屋さん「ギ」。うひゃあ、美味い!あとは赤ワインのボトルが次々と空しくなるばかりであった。

(2004/11/25)

セキュリティには万全を期しているつもりではあるが、ウィルスメールがじゃんじゃん届いている。そしてうざうざスパムメール。ポルノ系、薬物系、押し売り系、架空請求系…と枚挙に暇がないが、インターネット上にメールアドレスを公開してるってのもあって、これは仕方が無いのだろうか。どうやらメールアドレスばかりを収集するロボットが日夜巡回しているらしく、そのCD-Rがネット上で高値で取引されているそうな。いや、インターネットとは恐ろしき世界。

(2004/11/24)

有酸素運動60分。自己新記録更新。

午後遅く、表参道ANNIVERSAIRE CAFEのテラスにて作詞作業に没頭。澄んだ大気と周囲のノイズが心地良い。途中GUINESS飲んだり詩誌を読んだりしつつ粘ること4時間、2コーラス分の歌詞を大まかに書き上げる。

(2004/11/23)

JのNote組版作業に夢中。散々悩んだ挙げ句、横組、判型A5、製本様式は左綴の無線綴を想定。そしてフォント選びからレイアウトから、結構拘ってみたりして。いや、これは雑誌やMOOKなんかじゃなく、古式懐しき書籍なのだ。

明日は新曲の歌詞を書き始めようと思う。

(2004/11/22)

有酸素運動60分。自己新記録達成。

夕刻、渋谷のスタジオでユカワくんとリハーサル。てきぱきと予定をこなすうち、新曲に対する彼の反応がとても良く、嬉しい。

スタジオを出るとおおぅ信じられないぜ雨模様。彼は「ヨシダさんと何かをやり始めると必ず雨が降る」と言う。どっちが雨男なんだ、なんて議論しながら都バスに揺られ、Bar BOX。ハート・ブレイク中な彼を慮りつつ、しんみり。

(2004/11/21)

ゲンさん、すみちゃんとお食事会、高田馬場、鳥やす。学生の頃は不味い、ぼられる、ということで有名だったこの店、久しぶりに入ったら店内の雰囲気が随分改善されていた。メニューは豊富だし美味しいし、酒も各種取り揃えてあるし。昔はビールとオールドとトミオー位しか飲むものが無かったのにさ。

その後皆で新宿三丁目、Bar BOX。愉快な夜。

(2004/11/20)

独り、超然たれ。而して酒を飲み、創造せよ。そしてサソリの如く、走れ!

(2004/11/19)

JのNOTEを勝手に組版し始める、Adobe InDesign CS。取り敢えず体裁を整えPDFファイルに書き出しすれば個人的にもっと便利になるんじゃないかな、って思ってさ。そして何故かサルトルの「嘔吐」を再読。その冷徹なモノローグ、ぞくぞくするぜ。

(2004/11/18)

僕は孤独という言葉を多用するが、実は本意に反する。目下の急務はそれを表現者としての言語で新しく翻訳し直すこと。例えば一本のスティール弦のあえかな震えに確実に呼応するマホガニーの優しさをアンプリファイドする拡声器と補聴器。

(2004/11/17)

目下の人類的大命題は孤独を如何に解釈し、そして如何に行動するか、である。

ジョージ、不純一郎、テロリスト、国粋主義者、ジョンイル、堤某、女痴校生…

お前らそんなに寂しいか。

(2004/11/16)

帰宅してeelさんのサイケデリックナンバー「アイデンティティー泥棒」を再検証。昨年暮れのライブ音源を今更ながら(しかも初めて)聴き返しながら、こりゃ結構面白い素材なんじゃないかな、って思う。で、久しぶりにDigital Performerを起動して簡単な音源製作作業。ギタリストも加入したことだし、もっとかっこ良い聴かせ方が出来るんじゃないかな、なんて思ってさ。

しかし曲って不思議なもので、まさに生き物。例えば「Groomy Blue, Groovy Blue」はeel結成当初に書いた曲だけど、ライブで一回演って手応えが全く無かったので暫くほったらかしだった。だけどRecしたら見事に生気を吹き返したのだ。はい、曲が産まれました。だけど君がこの先サヴァイヴできるか否か、その見極めがなかなか難しいんだよ。

(2004/11/15)

朝早く、有酸素運動60分。冬枯れな空、否応無き僕の視界。

近所のスタジオで作曲作業。ここしばらく創ってきた小ネタを選別、生きの良さそうな奴に生気を吹き込む。結果、ようやく使えそうな曲が出来た。

ほっとひと息Bar BOX。The Smith聴きながらニヤニヤ。するとユカワくん登場。

(2004/11/14)

有酸素運動60分。椿山荘付近はプチ紅葉状態、それを横目にひた走る。

作曲作業に没頭。あーでもない、こーでもない…と独り煩悶しながらいくつかのフレーズをMD WalkmanにRec。頼むから良き方に展開してくれ。

(2004/11/13)

仕事帰り、疲れ果て地下鉄の堅い座席に腰掛ける。隣には小さな子供を抱きかかえた若い女性。その子供がじっと僕を見つめるので、不意に微笑み返してやった。するとその子供が絶妙なリアクション。面白くなって母親に話し掛けてみる。「女の子ですか?」「いえ、男の子です」「はぁ・・・」。なんて、殺伐とした日々にあってちょっと心休まるひとときであった。

まさに人恋しい季節。しかし僕は相変わらず僕の思考全体を展開させ、僕の中の涯てまで行こうとする習慣を止められずにいる。

(2004/11/12)

しかし僕という存在が暗黒の神秘を離れ去ってしまうほど豊かな光が支配する世界へと歩み出すことなど絶対に、無い。

(2004/11/11)

曲が出来ず苦悩する日々。ここ数日、このコーナーを更新する気にさえなれなかった。そして今夜もギター抱え悩んでいる。

そもそも僕は寡作なほうなんだけど、とはいえメンバーにはいつもすまなく思っている。しかしこれが僕なのだ、仕方が無い。

どんな曲でも良いのならいくらでも書くことができる。しかし僕自身にぐっと感じるものがなければ「ぽい」と捨ててしまうだけさ。

(2004/11/10)

・・・・・・・・・・

(2004/11/09)

・・・・・・・・・・

(2004/11/08)

・・・・・・・・・・

(2004/11/07)

・・・・・・・・・・

(2004/11/06)

kisaragisong.org、ここ暫くの更新履歴。

News&Info(菊池さんありがとう!)
Images(ササキヨウコさんありがとう!)
Profile(新ギタリスト、ユカワヨウイチ御披露目)

それから深刻顔の美少年(?)、ユカワヨウイチの携帯ノート「そしてパレードは続く」(本人称)、間もなく公開予定。

(2004/11/05)

絶望の虚妄なることは、まさに希望と同じである、だってさ。

(2004/11/04)

たまらず戸外へ飛び出した。馴染みの街に紛れ込んだ。茫漠とした僕の涯てから涯てへと、空虚な風が吹き抜ける。そして目元ににじむ光の乱反射、最後の分泌の如く。

(2004/11/03)

無定型な未来。無定型であるゆえに、容易に至福千年的な幻にも転化しうる未来。そしてはるかなる黄金世界のために、現在の苦悩が黙認されてしまう思惟構造。

相変わらず忙しい一日、疲労困憊で帰宅。今夜もまた何も手に付かず。無為に過ぎていく時間に強く焦燥感。しかし気持ちもカラダもいっぱいいっぱい、睡眠薬飲んで無理矢理リセット。

(2004/11/02)




永劫の未動、存在の発動。自ら徴光する、その時。


(2004/11/01)

<<<PREV