INDEX>>>

仕事帰り、高田馬場駅前のカフェにてハイネケン飲みながら作詞。今回もタイトル、コンセプト無くして何となく一行目から書き始めるという、僕の常套パターン。日曜日に核となりうべき一行目を書き記したような気がするので、今夜は二行目にトライ。しかし暑さと疲労からまんまとアルコールに引きずり降ろされる。休日だとそれが僕を覚醒させてくれたりするんだけどなぁ。

帰宅してNews&Infoを更新。

(2004/06/29)

日々愁訴を繰り返すばかりじゃ何も始まらないんだ。しかし相変わらずにがい思いがまとわりついて離れようとしない。

単独無頼な独人になりて。この暗鬱な鈍色の空に俺の赤い心臓を高く差し上げよう。

(2004/06/28)

近所のスタジオで独りリハーサル、新曲のイメージまとめ作業。いや、僕の中でオッケーじゃなければバンドに持っていけないのであって。しかし今回の曲は僕独りじゃ判断できない程のはみだしぶり、あとは二人の判断に任せようと思う。

その後久しぶりのバンドリハーサル。超難解だと思っていた新曲があれよあれよという間にまとまってしまう。いやぁ、じんさんげんさん恐るべし。そして再び僕にバトンタッチ、明日から創作スピードに拍車が掛かる、はず。

二人と別れ、Bar BOX。たまたま居合わせた熱血営業マン、M君と飲む。BGMはYES、Genesisなどのプログレサウンド。最後に岩塩を振りかけたトマトをつまみに冷凍テキーラ、夏気分を満喫。PJハーヴェイの新譜は相変わらずだけどとても良かった。

(2004/06/27)

有酸素運動60分。まるでサウナのような蒸し暑さ、汗にまみれてひた走る。

午後、新宿駅近くのスタジオで作曲作業。ようやく曲全体のイメージがカタチになってきたような。それにしてもかなりヘンテコな曲だな、最近はポップ感を極力排除することに意識が向いている。

夜、表参道ANNIVERSAIRE CAFE。GUINESS飲みながら新曲の作詞。あーでもないこーでもないと考えあぐねた挙句、なんとなく1行目をメモ帳に書き記す。おおう、取り敢えずスタートを切ることができた。

(2004/06/26)

この暑さと湿度の高さにかなり参っている。考え事する余裕など無く、生きてるだけで精一杯。あぁ生も死も、何もかもが幻想だ!などと意味不明に飛躍して、更に疲れる。

(2004/06/25)

夢。鏡を覗くとそこに現れたのは僕ではなくて君だった。

(2004/06/24)

夢。堅牢な計算機がついに自らの計算に飽きてしまう程の飽和乗時間の果て。

(2004/06/23)

音楽誌を読まなくなって久しい。若い頃は日本人アーティストのインタビュー記事など貪るように読んだものだが、その当時の「名言」は結局彼らの音楽と同様刹那的に、あるいはコンビニエントに使い捨てられてしまっただけなんだな。以前ニュー・ヨーク在住のアーティスト、ルー・リードさんが「俺は自分の音楽をドストエフスキーレヴェルにまで持ち上げたい」なんて言ってたけど、要は絶望のレヴェルが違うんだよ、大陸と島国とでは。日本では歩き続けていれば人に出会うけど、シベリヤでは三日三晩歩き続けても誰にも会えないのだ。たまに日本のヒットチャート番組なんか観ると反吐が出そうになるな、その緊張感の無さにね。学生の頃よく議題になってたけれど「この国はハードを開発するばかりでソフトを創る余裕が無い」ってね、それは日本企業の情けない性だな。っつうか、やはり万国のアーティストよ団結せよ!だぜ。いや、団結を厭うのがアーティストなんだけどさ。

(2004/06/22)

重苦しく閉塞する日々。生活を変えたい。しかし生活しなければならない。うぅ、メビウスの帯。はたまたクラインの壺。いっその事清水の舞台から飛び下りてみるかい?ダイスケくんよ。

(2004/06/21)

有酸素運動60分。神田川の水面をすいすい泳ぐカメさん、カモさんたち。僕はといえば暑さでバテバテ汗まみれ、一瞬川面に吸い込まれそうになる。

午後、近所のスタジオで作曲作業。しかしどうにも気分が乗らず、散歩。貴重な創作タイムを無為にする。時間を贅沢に、好き勝手使える生活がしたいものだ。

夜、Bar BOX。客は僕独り、やがてマスターT氏も飲み始める。尽きない話題と音楽と、しかしARDBEGが底を突く。

(2004/06/20)

逆行する
魔都のプロムナードを
今日も僕は恋愛することができなかった

(2004/06/19)

一枚の白い紙について論じろなんて、論じようが無いだろう。しかしそれを論じてそこから何かを産み出すのが芸術家だ。たとえそれが錯覚だとしても構わない、芸術においては気が違っているとか正気であるとか、そんなことはどうでも良いのだ、困ったことに。

(2004/06/18)

孤独をさらりと描き切ること。だって動機はそこにあるんだろ?芸術であれ殺人であれ。

おれは見抜いてしまった。

(2004/06/17)

働いて疲れてあとは寝るだけ、といった常軌的日常の繰り返しにほとほとうんざりしている。以前『Creative Black』なんて曲を書いたけど、そんな創造的ムードがら日に日に遠ざかっていくような気がしてかなり焦る。思い切って全てを投げ出しはみ出してやろうかなんて思うけど、下手な共通感覚を身につけてしまった今の僕にそんな勇気など無いのであって。あぁ、無為に過ぎていく時間をただ黙って葬送するばかりだ・・・。

(2004/06/16)

ここしばらくドタバタしてストレスを感じてしまったせいか、ちょっとだけ体調を崩す。そして日常を一新したいという欲望を激しく覚える。あぁ、生活といううすのろがいなければ。

(2004/06/15)

オフィスで隣席の女史が「ヨシダさん、これ」と見せてくれたのがSTUDIO VOICEの「NO WAVE」特集。要は80年代NEW WAVERたちの現在、みたいな内容なのだが、中でもブリクサ・バーゲルドのインタビューが面白かった。すっかり歳を取った彼の顔写真を見ながらちょっと哀しくなったりしたけど。彼は昨年自らの創作活動に専念するためNICK CAVE&BAD SEEDSを脱退したんだって、知らなかった・・・。『Henry's Dream』に至るまでの三部作、めちゃくちゃ好きだったなぁ、1990年前後だったかな。その後NICK CAVEが結婚してパパになった頃から全然聴かなくなってしまったんだけどね。

(2004/06/14)

有酸素運動60分。果てしなく流れ落ちる汗、ばてばて。

午後、何となく新曲の取っ掛かりが掴めたような。慌てて近所のスタジオへ、その感触を確かめる。ようやくバンドで調理するに然るべき素材ができた。

ほっと一息、Bar BOX。ARDBEGを加水しながら静かに飲む。ポール・ウェラー、エルビス・コステロなどのジャジーナンバーを聴きながら、夜風がとっても心地良い。

帰宅して何故か憑かれた様にピンク・フロイド。

(2004/06/13)

有酸素運動60分。増水した神田川の水面を元気一杯泳ぐカメさんたちの姿。

曲を創ろうと意気込むも、思い浮かぶのは軟弱なメロディーラインばかり。俺はポップスなど書きたくないんだってば。

今日もまたダメなのかな…。気分転換にアタマん中で音を探りつつお買い物、BISONの新作ベルボを2本購入。その後しばらく散歩しながら曲の取っ掛りを探していたのだが、全然ダメ。もう何もかもがイヤになってBar BOX。そして深夜、久しぶりにRolling Stone。ロック大音量の中、泥酔しちまった。あぁ、俺は一体何をやっているんだ。

(2004/06/12)

慌しい一週間だった。足下が覚束無くなる程疲れ切ってしまった。そして深夜、激しい雨音にあらゆる計画が崩れ去る。俺は一体何をやっているんだ。

(2004/06/11)




暗愁の傷つかぬがままに、今、一本の針が倒れる。


(2004/06/10)

深夜まで激務に耐え、タクシーで帰還。疲れ果てたその車中、雨に濡れそぼる都心の街並みをぼんやりと、今日一日を振り返る。夕方のオフィス街、会社を後にし足早に駅を目指すサラリーマン、OLさんたちの群。それを眺めていたのは間違いなく君じゃなくて僕だった。要するに時間とは目的でも過程でも無く、ましてや縁起や因果律などとは相容れない、瞬間瞬間のいのちの創出なのである。論理、哲学を積み重ねるよりも直感、皮膚感覚を信じること。つまり「いま、ここに」から「いま、ここから」へと飛躍すること、

(2004/06/09)

夜の静寂に隣の部屋からスネアの音。エイトビートだな、と即座に思う。そして再び物思いに耽った後ふと我に返り、それが流しの蛇口から漏れ出す水滴の、鍋を叩く音であることに気付く。

(2004/06/08)

素朴ライフ、つまり生活していく上で余計なモノを背負い込まないことをモットーとしているのだが、ここんとこさりげなく仕事が不可抗力化し、はたと困っている。創造とは無為な時間をべらぼうに浪費する宇宙開発事業団みたいなものだ、しかしその時間がどんどん搾取されているものだから心底困る。いやぁ困った困った…

(2004/06/07)

朝からどんよりとした気分、ため息ばかりで何も手に付かず。そんなムードでインターネットラジオが梅雨入りを告げる。

メンテに出していたSeen Les Paul Red Topを引き取りに原宿、松下工房へ。このギターはここでカスタムメイドされたということもあってか、職人さんたちがピックアップの配線に至るまで細かく調整して下さった模様。試奏し指を止める度に「どうですか?」と問いかけられる。

雨の黄昏時は憂鬱な僕を生殺しにしたまま知らんぷり。到底真っ直ぐ帰宅する気にもなれず、Bar BOX。ARDBEGを加水しながら飲む。「曲が出来ないよ〜」と嘆くとマスターT氏が「そんな時は基本に戻るべし」とジミヘン、ジェフ・ベック、The Whoなど大音量。そして今年初の冷凍テキーラで今日の日はさようなら。

(2004/06/06)

有酸素運動60分。木陰を選びながらひた走る。

作曲。いくつかのアイデアが閃いたものの、どれも凡庸。やがて嫌気が差してきて、散歩。

駅前で清澄なる夕映えを身にまとった虚空。そして夜のカテドラルに響く幻想曲の調べ。(未完)

(2004/06/05)

曲が出来ず、もどかしい日々。

深夜まで働いて困憊、タクシーで帰宅する。こんな生活から何とか抜け出したい、なんて思い始めて早10数年、結局何も変えられないままでいるんだな。虚しさばかりが脳裏でからころ謂っている、あぁ俺は何故生きているんだろう。

(2004/06/04)

からがら無を蹴散らして、空白へダイブする。そんな虚しい一日。

(2004/06/03)

憂き我れを寂しがらせよ。

しかし他を自分の意志の中に包みきれないのか、はたまた他によって包まれきれないための孤独感なのか。

今夜も不定型な時間が脈打っている。

(2004/06/02)

未知の視座から改めて五線譜を問い質そうと思う。僕は過去の、そして周囲の音楽にあまりにも囚われ過ぎている。

(2004/06/01)

<<<PREV