INDEX>>>

午後から近所のスタジオでレコーディング作業。先ずはボーカル録り、これが何とするりと録れてしまう。昨年のレコーディングでは散々苦労したというのにさ。歌、上手くなったのか?なーんて自惚れてみたりなんかして。

続いて先週しくじったギタートラックの一部を録り直す。マイキング、音作りなど丁寧に、慎重に作業を進める。特にクリーントーンは録るのがとっても難しい。まぁ、僕がヘタなだけなんだけどさ。それにしてもコンデンサーマイク、大活躍である。これ、めちゃくちゃ使えるよ、ちょっと高いけどね。

予定していた作業を全て終え表へ出ると、すっかり日が暮れていた。明日からいよいよ残り2曲の編集作業開始である。

(2004/01/31)

レコーディング第二弾の構想を練る。先ずはピアノの練習をしなければ。実は僕、5歳から12歳までクラシックピアノを習っていたのだ。小学生の頃は音楽クラブに所属し、当時は珍しかったシンセサイザー(昔のシンセは単音しか出せなかった)や鍵盤ベースなどを担当していた。いや、先生がちょっと変わった人で、音楽室にドラムセットまであったりしたんだよ。そして中学生で初バンド結成、ピアノとキーボードを担当し、高校時代までそんな感じだった。しかしそれ以来、殆ど鍵盤に触れていないんだな。うおーっ、猛烈に鍵盤弾きたくなってきた!そこで中古楽器検索、5万エン前後で88鍵の立派なキーボードが手に入ることを知る。もうちょっと調べてから、購入を検討しよう。

そういえば数年前、久しぶりに実家に帰ったら子供の頃散々弾いたアップライトピアノが無くなっていた。「従兄弟にあげちゃったのよ」。けろりと母は言う。とっても悲しかったな、しかしろくに帰省しないのだから、仕方ないか。

有酸素運動60分。体力充分、おまけに随分カラダが引き締まってきたような。この病、必ずやぶっ倒す。負けるものか。

今夜は三日月さんに御目見得できなかった。

(2004/01/30)

今後のeelアルバムリリース予定などを勝手に計画する。目下進行中の4曲入りアルバム「ベオジャルミンの凶鳴」は3月ライブでリリース。しかしこのアルバム、かなりヘヴィなナンバーばかりなので、引き続き全く性格の異なるメジャーチューン4曲前後をレコーディングして夏前までにリリースしたい。しかもバッキングはギターではなく生ピアノ、勿論僕が弾くのだ。

西の空に優しい三日月と対話しながら有酸素運動60分。闘病の日々、負けるものか。

(2004/01/29)

都市の虚空に寂寥する三日月。それに語りかけながら有酸素運動60分。思えば僕は随分君のことを歌にしてきたな。そんなある時、宇宙の涯から涯へと吹き抜ける風を感じたんだよ。それ以来、僕は孤独から逃げだそうとしなくなった。

(2004/01/28)

朝、目覚めて顔色チェック。これがいつしか習慣化、しかし相変わらず顔面に降りしきるパープルレイン。

帰宅して有酸素運動69分。「俺のカラダにしつこく巣くう病よ、ぶっ殺す!」と怒りながらひた走る。畜生、こうなったら徹底的にカラダを鍛えまくってイギー・ポップになってやる!

(2004/01/27)

寒い。こんな夜にはシングルモルトウィスキーが必要だ。ということでグラスにラフロイグを注ぎ、少しだけ加水して飲む。氷は入れない。しかし気温を敏感に感じ取ることができるようになったということは、僕の身体機能が正常化しつつあるという証だ、きっと。

昨日録った音源を聴き返しながら、再度作戦練り直し。最も難しいのはイコライジングなんだけど、ずぶの素人である僕の作業は全く以て要領を得ない。煩悶すること、ひとしきり。

(2004/01/26)

近所のスタジオでギター録り、7時間。昨年末に購入したキャリーカートのお陰で、機材搬入がすっごく楽。そして30分弱でセッティング、これまた手慣れたもんだ。そして擦り切れそうな指先をこらえつつ、2曲分のギタートラックをほぼ録り終える。

機材を片付け新宿三丁目、Bar BOX。LAGAVULLIN16年&ウォームサウンドの数々、病んだ心と体に染み渡る。超貴重なラガ、結局飲み干してしまった。2年後の再会が楽しみだな。

店を出て、凍える明治通りをてくてく歩いて帰宅。来週末はヴォーカル録りだな。

(2004/01/25)

実家の母より大量の野菜類がクール宅急便にて届く。僕の体調が優れないのを知ってか知らでか、ここしばらく彼女は隔週末に必ず野菜を中心とした食糧をごっそり送ってくれるのだ。そして封を開けると、野菜の束ひとつひとつが丁寧に新聞紙にくるまれている。恐らく日保ちする様、わざわざそのように手を入れてくれたんだろう。感謝。

新規2曲のレコーディング作業に着手。リズムトラックを簡単にミックスして、それを聴きながらギターアレンジを練る。今回は出来るだけシンプルにまとめようと思っているのだが、その分格段に音作りが難しくなること必至。

夜、有酸素運動60分。ストイックな冬の日々。

(2004/01/24)

朝イチで病院へ。先日受けた精密検査の結果報告を受ける。ずらずらと羅列された数値群、何がなんだかさっぱりわからないのだが、医師によると相当良くなっているそうな。「きっと春になって暖かくなる頃には全快するよ」と彼は言う。そして漢方薬数種と精神安定剤などをしこたま処方され、会社へ。

できるだけドタバタ、イライラしないように気を付けながら仕事。帰宅して有酸素運動60分。そしてギターを取り出し弦を張る。明日からレコーディング作業再開だ。

(2004/01/23)

急激に体調悪化。ひねもす、うつむくばかりで仕事が全く手に付かない。苦しい。

早く良くなりますように。そしてこの中途半端な人生にほんの少しでもいいから光明が見出せますように。心の中で何度も何度も祈った。そもそも神など信じていないのだが、今は他に為す術が無い。自分の腑甲斐無さを自責する気力さえ無いのだ。

涙が溢れ出した。

(2004/01/22)

昨夜ウィルスファイル添付メールのことを記したが、今夜はスパムメールのことなど。この一週間に以下3通のメールが届いた、全く以て腹立たしいのでここに転載する次第。

A)このメールは架空請求ではありません。弊社、運営サイトで貴殿が利用されたサイト利用料\23,500、ネット利用料\4,500、調査・遅延金\7,200、合計請求金額\35,200が未払いです。平成16年1月23日迄に下記の口座にご入金下さい。UFJ銀行市川支店普通3817678/イズマユタカ/期日迄に入金がない場合、規定に従い自宅、又は勤務先に内容証明を送り、裁判にて少額訴訟の手続きをし給与等を差し押さえします。尚、お支払いがあれば金融機関等の延滞リストには登録せず訴訟等の法的な手続きは取りません。必ずお支払い下さい。

B)貴殿の携帯電話よりログインされましたサイトの利用料の入金が確認できず、調査依頼がでております。(1月15日)協議の結果、最終和解案をご用意致しましたので至急、下記料金センターまでご連絡ください。ネット情報管理センター/03-5745-4457/担当小泉/ご連絡なき場合は法的手続きによる強制執行となりますので早急に和解をお勧めします。尚、当センターは悪質な回収業者とは一切関係ありません。安心してご相談下さい。身に覚えの無い回収や請求がきてお困りの方も、ご相談にのります。

C)貴殿が使用したサイバー(株)のサイト料金未納について、クリタ信販(株)に債権として譲渡致します。意義のある方は本日中にご連絡下さい。また、番組利用内容も公開いたします。滞納額:105000円/日本サイト協会/東京都千代田区九段南2‐8‐14/03‐3988‐9802

・・・僕が使っているメーラーには「スパムフィルタ」なる機能があって、「おう、これは便利だ」なんて思って使っていたものの、彼奴大切なメールまでも「スパム認定」しやがって、1ヶ月前に届いてたメールに今し方気付いて慌てて返信したりなんかしてさ。いや、僕の設定がまずかっただけなんだけど、やっぱり緑色の制服着た郵便局員がスーパーカブに乗って配達してくれるメールの方が安心だな。インターネットとはほとほと恐ろしき世界なり。

(2004/01/21)

帰り道、何故か深海魚のことに想いを馳せる。深い深い海の底からそれでも僅かな光を期待しつつも微動だにせず目玉ばかりが肥大した、あのグロテスクな、怪奇的な姿である。

帰宅して無意識に「ただいま」とつぶやく。だけどそれに呼応する声など無いのだ、僕の生活には。

お気に入りのトラベラーズ・ジャケットをハンガーに掛けおもむろにパワーブックを起動すると、今朝から世界中で猛威を振るっているというW32.Beagle.A@mmウィルスが僕にも届いていた。WEB上にメールアドレス等を公開しているってこともあって、セキュリティ、ウィルス対策には万全を期しているつもりだったんだけどな。しかしこれもまたWindowsユーザーのみに感染するワームらしく、Macユーザーである僕は取りあえず一安心。やはり現時点で最も安心して使えるのはMacOS、Windows以外のOSだろう。それにしても僕はウィルススキャンをISPに任せているのだが、これが届いてしまったということはワクチンが間に合わなかった、ってことだな。当のISPと提携しているシマンテック社のサイトを見るとこのウィルスについて何ら触れられていなかったが、トレンドマイクロ社のサイトには詳細が報じられていた。以下、それを転載するものである。全然だめじゃん、ノートン・アンチウィルスさんよ。

ウイルスタイプ: ワーム
危険度:中

日本時間2004年1月19日に米国を中心に流行中であることが確認されています。現在情報は確認中ですので随時アップデートしていきます。Windows 95, 98, ME, NT, 2000, XP上で活動します。これは一般的に「ワーム」に分類されるシステム常駐型のトロイの木馬型不正プログラムです。自身のコピーを電子メールに添付し任意の宛先に送信して頒布するワーム活動を行います。ワームは送信先となるアドレスをローカルのファイルから収集します。ワームの送信するメールは以下の内容です:

(以下、実際僕に届いたもの)

To: daisuke@kisaragisong.org
Subject: Hi
From: Dirtyashole@gmx.de

Test =)
wjvrdpkbfatndarmful
--
Test, yep.

Attachment/itdm.exe

(2004/01/20)

この週末、自分の身体に渇を入れまっくったのが奏功してか、体調がすこぶる良化した。ガサガサだったほっぺたはつるつるに、まるで女の子の肌みたいだ。嬉しくて嬉しくて何度も何度も撫でまわしてしまう。

今日一日、目眩は一度も起こらず。これまで4合目から5合目あたりを行ったり来たりしていたのが一気に8合目付近まで登り詰めたような感じだ。多分もう一息、負けるものか。

(2004/01/19)

有酸素運動60分。体調は幾分良化した。「しゃんとせんかーい、おらーっ」と自分のカラダを叱咤しながらひた走る。

新曲のRecプロジェクトに着手。リズムトラックをNormalizeし聴き返していたところ、間奏が四小節程オーバーしていることに気が付いた。迷わずその部分をカットして四小節先に繋げてみる、うひょひょ、上手くいったぜ。これぞデジタルレコーディングの極意、限られた環境下での作業なんだから止むを得んだろう。

四ヶ月振りにヘアカット、無精なんだよ、俺は。美容師S氏、「いやー、これだけ長いとカットし甲斐がありますね!」などと言いながら器用なはさみさばきでばっさばっさと切り落とす。やがて鏡の向こうに超男前な僕の姿が(ウソ)。

その足でBarBOX。あったかーいブリティッシュサウンド各種をつまみにLAGAVULLIN16年。マスターT氏より家でだらだら飲まない秘訣として、「就寝前にスコッチをストレートでワンショット」を伝授される。

店を出て凍てつく明治通りをざくざく歩いて帰宅。負けるものか。

(2004/01/18)

朝、鏡に映った自分の顔を見て戦慄。真っ赤に腫れ上がり、更に細かくひび割れたほお。これじゃとても外出なんてできっこないな.....

有酸素運動60分。俺のカラダに巣くう病よ、出て行け、出て行け、と心の中で唱えながらひた走る。

負けるものか。

(2004/01/17)

本日も体調最悪。からがら業務をこなして一目散に帰宅、ILEACH飲みながら年賀メールの返事を書くなどして静かに過ごす。

ここしばらく創作意欲が萎え萎えだな、これじゃいかん!とばかりにハードケースからギターを取り出したところで今夜はグロッキー、あぁ。

(2004/01/16)

頑張れ、オレ。

(2004/01/15)

またまた顔面のむくみ、悪寒戦慄、全身倦怠感、温度感覚のずれなどに悩まされる。あぁ一体いつになればおれの体は快復するのだろう。

人目を忍びながら今日この一日を遣り過ごす。何も手に付かず、何も考えることができず。ただ中空にかかる月を眺めるばかりだった。

(2004/01/14)

Soundヲ更新シタ.....

(2004/01/13)

今回レコーディングした中の一曲、Creative Black(暗黒はクリエイター)のフィニッシュワークに取りかかる。しかしマイパワーブックG4、途中幾度と無く悲鳴を上げながら停止してしまう。そう、いつしかこの曲は約30トラック&エフェクト同時再生、おまけに7分を超える大曲となって、CPU演算能力の限界を超えてしまったのだ。最低でもG4デュアルプロセッサーモデルあたりじゃないととても作業できないな。で、仕方無く一部トラックをオフにしながら最終調整を行い、ミックスダウン&AIFFファイル書き出し、CD-Rに焼き込む。

夜、先日共演した6中Clubみえぴー嬢のソロアコースティックライブへ、新宿URGA。フルアコを抱えてステージに現れた彼女はやおらいつもと肌触りの異なる音楽を奏で始める。そして情緒&表現力豊かな歌。こぼれ落ちるように溢れ出す、といった感じの声と言葉に僕はいつしかうっとり、気付けば目元はうるうる状態。いや、彼女はほんとに優れたアーティストだと思う。

上気したまま冷たい雨降りしきる歌舞伎町を横切って、BarBOX。BGMはキュアー、スミス、U2、そして焼きたて(?)のCreative Black。

(2004/01/12)

有酸素運動60分。「俺のカラダに巣くう病よ、出て行け、出て行け!」と心の中で反芻しながらひた走る。

自宅にてRecデータのエディティング。この一ヶ月、ひたすら悩み続けてきたアレンジが突如閃いた。そうとなれば作業は早い、ヤッホー!と諸手を挙げて喜んでいたら、BOXのT氏から「ラガ16年入荷!」とのメール。おおぅ、これは早速行かねばなるまいよ。

夜遅く、本日の作業を終えて新宿三丁目へ。マスターT氏がわざわざ川越までハーレー飛ばして入手してきてくれたLAGAVULIN16年。うーん、しびれる。今宵のBGMはLenny Klavits、1993年ツアーの海賊盤。ベースは何と最近マイブームなJohn Paul Jones、うねりまくりの重低音、凄い!

(2004/01/11)

朝から顔面のむくみ、悪寒戦慄、全身倦怠感、温度感覚のずれなどに悩まされる。うー、頑張れ、オレ。

夜、近所のスタジオで気合い一発ギター録り。これをまとめればもう一曲完成だな、ふぅ。

(2004/01/10)

昨日に引き続き、アタマを使うのがツライ状況。

昨夜開通したADSL、40Mbpsだというのに実測7-8M程度のスピード。なんだか腹が立ってきてOSXのチューニングに走る。RWINの設定を変更するスクリプトを見つけ出しrecvspaceを拡大して再起動、結果少しだけ速くなったような…気がする。あと、久しぶりにcgiスクリプトとにらめっこ。ダウンロードカウンターを作成。

…とまぁこんなどーでも良いことに夢中になっていると余計なことを考えずにすむのでほんと楽だな。

(2004/01/09)

どーでも良いことだけど、アタマを使うのがツライ状況なので。

本日我が家に40MのADSLが開通した。そこで各所スピードテストにトライ、結果実際の速さは7〜8Mbps前後。とほほ、こんなものなのかい?しかし以前が1Mbpsだったので、相当早く感じるのは確かだ。

■NTT線路情報
路線長2110m
路線損失30dB
■ルーター情報
リンク速度 下り 11.36Mbps 上り 1.184Mbps
路線損失 41dB
■某スピードテストサイトにおける計測結果
下り 7.48Mbps 上り 1.04Mbps

…とまぁほんとどーでも良いことに夢中になっていると余計なことを考えずにすむので楽だな。

(2004/01/08)

体調悪し。朦朧とした意識の中で業務をこなし、ふらふら状態で帰宅。あとは何も手に付かず。

母にPCをプレゼントしようと思い立つ。Windowsは素人が使うには何かとキケンを伴うからMacintoshが良いだろう。中古のiBookとか探してみようかな。

(2004/01/07)

光と風に感応してしまった、だから座りの悪い独楽。

(2004/01/06)

仕事始め。しばらく休んでいたせいか、脳もカラダもてんで稼働せず。

仕事帰り、新宿三丁目BarBox。オトコとオンナについてひとしきり。

昨今の米国の横暴ぶりによって資本主義貨幣経済システム積年のウミが世界中にばらまかれている。気を付けろ、拡大再生産は間違いなくヒトのリズムを狂わせるのだ。

(2004/01/05)

早起きして有酸素運動60分。きらめくあさぼらけ、「冬は朝」とは良く言ったものだ。「俺のカラダに巣くう病よ、出て行け、出て行け!」とつぶやきながらひた走る、体調はすこぶる良い。

そういえば今夜はライブだ、しかし恒例のフライヤを作りそびれてしまった。そこで慌てて作成、某所へ急いで出力&断裁。

夕刻、VOX-AC15を引きずって東西線に乗り込みライブ会場、船橋へ。じんさんは復活した模様。そしてつつがなくリハを終えてザ・ライヴ。何となく僕の病み上り感を拭い去れなかったような気がするけれど、楽しかった。

続いて6中Club。彼女達はほんとエンターテイメントの才に長けている。兎に角観ていて楽しいのだ。僕には無い才能、羨ましいな。

最後にセッション大会。しかし帰りの事が気になって、途中断腸の思いで暇乞い。みえぴーさんをはじめ6中Clubの皆さん、今夜はとっても楽しかったです。また誘って下さいね。

(2004/01/04)

明日のライブに向けてのリハーサル。その前にゲンと二人で完成目前のCreative Blackのベーストラックを一部録り直す。やがてじんさんがやってくるも、彼は風邪っぴきでふらふら状態、一曲叩いてはドラムセットの脇にへたり込むといった有様。じんさん、お大事にどうぞ…。

(2004/01/03)

幻想都市の軒下で

流れる時間を許して
揺れながらプラタナスは振れ
ピストルが音もたてずに脈を打つ
ギザギザに刻まれた時間軸 自堕落

モノクロ 蒼い夕暮れ
黒猫 光る瞳と
三日月が僕を見ている
螺旋の闇 それを描いた

幻想都市の軒下で
ゆらゆらと白熱する頃
狂った夢がはじけて
揺れながらプラタナスは振れ

そして僕は闇を越えていく
希望さえ足下に遠く
屈辱の朝が紅茶みたいに染まりゆく
それさえもまぼろし

(2004/01/02)

新曲幻想都市の軒下でのマスタリング。ミックスダウンデータをaiffファイルに書き出してCD-Rに焼き込む。ついでにmp3ファイルも作ってSoundコーナーを久しぶりに更新。来週中にはもう一曲アップできそうだ。

夜遅く、出来たてのCD-R持参でBar Box。TRAVIS、RADIOHEADなど聴きながらARDBEGを加水しながらしみじみ飲む。お客さんがほぼ引けたところで件の幻想都市の軒下でを聴かせて貰った。僕なりの希望ソング。

(2004/01/01)

<<<PREV