Index>>>

朝、だらしなく伸びた髭をすっきり剃り落とす。しかしこの爽快感、女性には決して解るまい。

午後、近所のスタジオで自主トレ。新曲「アイデンティティー泥棒」「白の波動」の歌をとりあえず完成させる。その後渋谷でバンドリハーサル。アンサンブルってほんとに楽しい。

帰り道、Bar BOX。僅かに残ってたLAGAVULIN16年。久しぶりに飲んだら体中がしびれる程美味かった。次に会えるのは2年後か。しかしそれまで生きていられるかどうが、酒を飲めるカラダを維持できているかどうかは自信ないけれど。いや、アイラモルト巡礼の旅は実現に向けまじめに考えましょう>Tさん。

帰宅してJより譲り受けた峰カヨコ嬢のピアノ弾き語りCD。聴き惚れる。

(2003/11/30)

昼過ぎ、近所のスタジオへ。冷たい雨降りしきる中での機材搬入、近所とはいえさすがに辛い。

不具合あったギタートラックのいくつかを録り直す。そしてヴォーカル、これは一発で難無く録れた(ような気がする)。

作業を終え表に出るといつしか陽は落ち雨も止んでいた。通りを行き交う人々がせわしなくどこかへと急いでいる。一方ここ数日間形振り構わず髪髭茫々な僕はさながら師走浪人の如し。

(2003/11/29)

ロックというギプスを破壊するおれの陰気な作業は今日も人知れず漸進した。

(2003/11/28)

荒い風にからみついた
熱になぶられて
狂おしく朝ぼらけ
ゆるい空気と憧れて
狂おしく
肩寄せ合う街の梢
揺れる星の秩序
藍色の空に
飲まれていく
孤独

寂しい季節からみついた
熱にうなされて
歌うのは夜の風
潮騒の午後に塞がれて
歌うのは
月をみつめ語りかけた
言葉が旅立つ
欲望の空は
降りかかる
孤独

_____「アイデンティティー泥棒」

(2003/11/27)

朝、先日録った音源をMD WALKMANにコピーして家を出る。そして地下鉄車内で、オフィスでこっそり聴き返しながらギターのフレーズなどを練り直す。

夜、本日の業務を概ね片付け会社近くのカフェへ。新曲の歌詞を気合い一発書き上げる。いやはや考えなきゃならないことがいっぱいあって、とにかく忙しい。

ところで先日、アルカイダを名乗る者たちが「自衛隊をイラクに派兵したら東京をテロルする」っていう声明を出してたけれど、ここのところの報道を見る限りその件はあまり深刻に受け取られてない模様。その一方、「テロに屈しない云々」なんていうスローガンの下に、無意識裏に我々をアンチイスラームに向かわせようとしている政府のBrain Washingに気を付けねば。そう、現代文明の源がイスラムにあることを我々は忘れてはなるまい。

(2003/11/26)

症状は随分改善され、偏頭痛もすっきり収束。しかし相変わらず背中にぎしぎしと降り積もる疲労感。よって早めに退社する。

帰宅して昨日録った音源をプレイバック。方針がくっきり見えてきたところで再度作戦練り直し。

それにしてもdp4.11の動作の不安定さにはほとほと呆れるな。しかしそれがハングしても辛うじてその直前までのデータが保持されているのはMacOSXと1Gメモリーのお陰かな。

(2003/11/25)

有酸素運動60分、冬枯れの神田川遊歩道。いつものカモさんたちと共に水面を漂う白鳥二羽を目撃。

午後、近所のスタジオにてレコーディング作業、7時間。1曲分のギタートラックをパワーブックのハードディスクに格納する。録り重ねていく毎に面白くなってきて、それにつられるかの様にあれやこれやとアイデアが浮かんできたりなんかして。しかしそんな感じで気分乗り乗り絶頂な頃には既にタイムアウト間近、慌てて駆け込みモードでじゃんじゃん録ったのだが、ちょっと荒っぽかったかな。

…ということで年内に2曲リリース、が当面の目標。

(2003/11/24)

抗ウィルス剤が効いたのか、症状は随分改善された。しかし偏頭痛は相変わらず。

夕刻、渋谷でバンドリハーサル。歌うとアタマにずきんと響いてめちゃくちゃツラい。終了後は寄り道せず帰宅、先日録ったリズムトラックの簡単なイコライジングとミックス。明日のギター録りに備える。

(2003/11/23)

明け方、顔面に激痛が走り慌てて鏡を覗く。そしてそこにあったのは左半分が腫れ上がった、まるで四谷怪談のお岩さんみたいな僕の顔。しかも目をこすりつつよく見れば、まるで昆虫が産み落とした卵の如きぶつぶつが目頭から顎に至るまでぎっしり敷き詰められている。うわーっ、なんじゃこりゃーっ!

すかさずウェブ検索して近所の皮膚科を探し、じゃんじゃん電話掛けまくり。「あいにく本日は予約で一杯で…」「いや、急患なんです!」「では、来週水曜日以降なら…」うー、全く以て腹が立つ!そんなこんなしながらなんとか今日看てもらえるクリニックを探し出し、慌てて家を飛び出した。するとすれ違う人々が僕の顔を見て気味悪がっている。そりゃそうだろうよ、俺だって気持ち悪いもん。そして診察の結果、帯状庖疹、カポジー水痘様発疹症と診断される。要はヘルペスウィルスにやられてしまったわけなのだが、どうやら過労、ストレスと以前常用していた薬の副作用がその原因である模様。そして抗ウイルス剤を注入&処方され、医師より今日一日絶対安静を命じられる。たはー、今夜はあちこちからライブのお誘いを頂いていたのになぁ。しかしその後も顔面の痛みとそれに伴う頭痛とで、全く生きた心地がしなかった一日。

(2003/11/22)

哀しいときには
白く煙る街角へ
霞んで見えない
コバルトの空を描く
哀しい

すれ違う夜と昼
きらめく
光と闇の交差点から
左へ

哀しいときには
胸締め付けられる白
物憂いコスモス
夕映えの道に揺れる

__________「白の波動」

(2003/11/21)

急激に体調悪化。最近随分調子良くなってきたな、なんて思ってた矢先だっただけに、とっても悔しい、悲しい。結局何もする気になれず、ジマドール飲んで酔いに任せて眠る。

(2003/11/20)

何気なく人事のようにこのサイトを眺めていたら、あぁびっくり、このコーナーを起ち上げてから間もなく2年が過ぎようとしている。しかし全く飽きもせず、よくもまぁここまで続けてきたものだ。

基本的にこのコーナーは僕の24時間中に閃いた言葉を書き留める極私的メモエリアだと思っている。推敲など殆どしない、依って誤字、脱字、誤情報などあるだろう。だけどよっぽどのことが無い限り、振り返らずほったらかしにしている。要は写真みたいに、その瞬間(僕にとっては一日一日)をフィルムに焼き付けておくような感覚で日々更新しているのだ。しかしこんな役に立たないクズテキストをワールド・ワイド・ウェブで公開してどうすんだ?って思ったりもするのだけれど、まぁプロバイダに毎月金払ってる訳だし、好き勝手やらせてよ、なーんて思う反面、やはり然るべき資源たり得るものを残すよう努めなきゃならんのじゃないか?って思ったりもする…まぁいいや、今後もこの調子で続けていくと思うけど、もしこのコーナーを読んでいる方がいらっしゃるとすれば、感謝…しません(笑)。相変わらず好き勝手続けていこうと思います。しかし、不快に感じることなどあれば遠慮無くメールでご指摘下さいね。

(2003/11/19)

一日中あくせく働いた。そして21時過ぎ、疲れ果てて地下鉄へ。座ってしまえば眼を開けることすら忘れてしまう。そのまま押し黙って帰宅、適当な音楽を流しおもむろに酒をあおる。でなければ僕は癒されない。やがて激しい睡魔に襲われ、のそのそとベッドに潜り込む。あぁ、今日一日が何ら進展すること無く終わってしまう。思えばもこんな生活をもう十数年も続けているのだ。ただ虚しさだけが背に堆積するばかり、何とかしなければ。

(2003/11/18)

泥沼化する昨今のイラク情勢、これってまさにフセイン元大統領の予言通りじゃない?間もなくジョージが訪れるというロンドンでは、歴史的規模の反米デモが繰り返されているんだそうな。そして当のロンドン市長は語る、「アメリカは我々人類を破滅に導こうとしている」。

然りぬべし。今こそアメリカは歴史と哲学ある欧州、ロシア、中国の言葉に耳を傾けるべきだ。そう、かつてアメリカに哲学者や詩人がいたためしなど無いのだから。

もう資本主義のブタ、俗物の成れの果て、民主主義の零落国家アメリカ、の音楽など聴きたくないし、そこで醸造された酒も飲みたくない。そして学習能力がまるで無い、サル以下の旧態依然とした民族主義者たちをおれは心底憎む。おお世界市民主義者たちよ、今すぐ紅茶のように留処なく染まりゆくまぼろしの朝焼けを封印せよ!

(2003/11/17)

eel Rec Day。晴れてホント良かったなぁ…などと突き抜ける青空を見上げながらPowerBookをはじめとする録音機材約80キログラムをごっそりタクシーのトランクに詰め込み代々木のスタジオへ。

セッティングとサウンドチェックで約2時間。その後4時間で6曲分のドラム、ベーストラックデータ(約3.7ギガバイト)をPowerBookの内蔵ハードディスクに格納する。そして最後の1時間で新曲のリハ。じんさんげんさん、お疲れ様でした。っつうか、ほぼオペレーション役だった俺もめちゃくちゃ疲れました。

あとはGuitarとVocal録りだな。あー、これからまた忙しくなりそうだ…ということで各所バーの店主さん、しばらくの間飲みに行けません、ご容赦を。いや、年内には数曲リリースしたいなぁ。

(2003/11/16)

Helloのピアニスト、後藤魂氏が別のJazzBandで参加するクラブイベントへ、渋谷セルリアンタワー。会場は高級JazzClub風、当惑することしきり。しかしそんな雰囲気を打ち砕くかのようなお粗末ドリンクやフードに閉口。更にDJが大音量でクラブミュージックを得意気に流しているものだから同席した皆さんとお話することさえできず。あぁ早く始めてくれないかな…結局90分待たされようやく開演、さすがにバンドは素晴らしい。しかし、それをバッキングにハードボイルド仕立てのストーリーをテラーするヴォーカリストとダンサーたち、これがどうも僕には苦手な風、趣。要は軽演劇的要素が強いライブだったんだけど、僕はただ単に音楽を聴きつつ酒を飲みたい、っていういつものノリだったのでちょっと場違い感を感じてしまった。しかしバンドはほんと素敵だったよ。

で、1stステージが終わったところでそそくさとその店を後に、HamptyDumptyで飲み直し。酒と食の話をしながら、美味しいシチューとガーリックトーストをつまみにテキーラ。そしてゲンさんのシャッターが降りる間際に店を出て、冷たい雨に濡れそぼりながら帰宅。

(2003/11/15)

大統領イスラム血液戦線、ときたもんだ。血液戦線、だぜ?もういい加減にしてください。

(2003/11/14)

先日PowerBookに増設したMemoryだけど、どうやらそれ、初期不良品であった模様。ここしばらく頻繁にApplicationが落ちるので「もしや」と思いHardwareTestを実行、やはりMemoryにerrorが出ている。とほほとばかり販売店にcall、取り替えてもらうことになった。

仕事を中抜けして新宿のパソコンショップへ、早速取り替えてtestを実行。errorが出てまた取り替えて…を繰り返す。いつしか脇には同製品の箱の山、店員氏も躍起になっている。そして4回目の交換でようやくpass。つきあってくれた店員氏と肩を抱き合い喜びを分かち合う(ウソ)。お礼をすると、彼はとっても恐縮していた。初期不良にはむかついたけれど、なんだか朗らかな気分。

(2003/11/13)

昨冬から自律神経失調症と闘ってきたわけだけれど、ここしばらくは薬を飲まなくても平気でいられるようになった。だけどバタバタすると急激に調子悪くなったりするのでできる限り穏やかな気分で過ごす様心掛けている。しかしバタバタする(ストレスを感じる)のは仕事してる時だけのことであって、リハーサルスタジオなどでは決してそんな状況にはなり得ないのだ。で、結論。ビジネスは身体に悪い。そう、この十数年間というもの散々働きまくってきたわけだけれども、その結果が自律神経失調症とは何か暗示的、黙示的なものを感じざるを得ない。精神的にはタフなんだけど肉体があまりにもデリケートでバカ正直、資本主義競争経済システムにあってこれ程辛いものは無い。そろそろ生活を根本から変えたいな。曲を創り詩を書き、それを中心とした暮らしがいいなぁ。もう人生半ば過ぎたし、ここまで生きてきたんだからあとは何とでも生きていけそうな気がするな。不安は感じ出したら切りが無いしね。

(2003/11/12)

パリのモンマルトルに程近い安アパルトマンで一ヶ月暮らしたことがある。およそ10年前、丁度今頃の季節のことだ。ベルリンから夜行列車に乗り込んでパリ北駅に到着、行く当てもなく途方に暮れていたところ宿屋斡旋業を営むおばあさんに声を掛けられ一泊おおよそ50フラン(約1000円)でそこを紹介されたのだった。金が無かったので無闇矢鱈にパリの街中を歩き回った。ブローニュの森で昼寝したあとペール・ラシエーズでJ.モリソン、S.ボードレール、J.P.サルトル、L.F.セリーヌの墓を眺めたりとかさ。ルーブルやポンピドゥーといった有名美術館のあまりにも巨大なマトリックスにゲップしまくり、街角のカフェで飲んだエスプレッソにほっとした。街のあちこちのくぼみにアーティスト、ゲイ、乞食の姿。そして帰りの航空券を購入した直後、メトロで有り金殆どをスられてしまった。その後数日間はバケットと水だけで過ごした、しかしそれが死ぬほど美味しかったんだ。

…などとこの季節はあまりにもメランコリックになりすぎるので困ってしまう。

(2003/11/11)




情熱⇔妄執


(2003/11/10)

バンドリハーサル。各々キャラクターが異なる新曲2曲にトライアル、少しずつ肉付けしながら何度か繰り返す。久しぶり、ってこともあって僕は思い通りに声が出ない。終了後、ゲンと渋谷のガード下で焼鳥。そして24時、冷たい雨に濡れそぼりつつ帰宅。

(2003/11/09)

有酸素運動60分。まるで春のような暖かさ。神田川流域に生息する各種小動物さんたち元気一杯。僕は一杯一杯。

午後遅く、ちょっと仕事してから新宿、陶玄房。久しぶりに旧友Kと飲む。互いの近況報告など。

(2003/11/08)

仕事帰り、表参道Anniversaire Cafe。新曲白の波動(仮)アイデンティティ泥棒(仮)の歌詞を書き始める。週末、ってことで周囲はカップルのあまーいノイズだらけ、だけどそういった情況の方が逆に集中できたりするから不思議。で、各々ワンコーラス分をなんとなく書き綴ったところでラストオーダー、ギネス飲み干しよろよろ帰宅。

(2003/11/07)

七色の虹の
常無き姿が
嗚呼!何と
美しき空で
横になって
ゐたのです

(2003/11/06)

たった一言で世界を語り尽くしてしまう、そんな言葉の可能性が振れてしまいそうだったから取り敢えず明かりが見える方向へと急ぐ。

(2003/11/05)

昨夜に引き続きdp4のセッティング。OSX自体の機能拡張を諸々カスタマイズしているせいか不具合頻発。検索、設定し直し、を繰り返しているうちあっという間に丑三つ時。慌ててBUSHMILLS飲んで寝る。

(2003/11/04)

有酸素運動60分、ゆるい大気。雨の予感は程なく的中。

近所のスタジオで作曲作業。骨組みはほぼ出来上がった、後はバンドに委ねることにする。だけど歌詞はまだこれから、またまたカフェ各所に通って煩悶を繰り返すことになりそうだ。

帰宅してDigital PerformerのRec用テンプレート作成作業、これが思いの外てこずって夜更けまで。あー、これからまた仕事の合間を縫って作業に没頭する日々が始まるな。

(2003/11/03)

自分の部屋にいることを確認して、ほっと胸を撫で下ろす。しかし激しく宿酔中毒。

有酸素運動60分、昨夜分解し切れなかったアルコールを概ね消却。

ふいに表から「わせだー、わせだー」の大合唱ブラスバンド付き。そういえば早慶戦、早稲田が勝ったんだな。折しもあれ早稲田祭開催中、とっても賑やかなこの界隈である。

(2003/11/02)

PowerBookのメモリ増設、新宿西口Sofmap。512MB一枚を格安で購入、バルク品。最近は1G、2Gといった大容量メモリがあるんだね、だけど100,000エンだってさ、ひょえ〜。

夜、四谷「てしごと屋」の閉店を惜しむ会。ここはライブの打ち上げで何度かお世話になった店。予定時刻に遅れて店に入ると既にゲンさん、丸尾さんたちがチゲ鍋などを囲んで盛り上がっている。そして店にストックされているありとあらゆる焼酎が振る舞われ、飲む飲む。オンザロックに酸橘(すだち)を搾って、うーん爽やか。そのうち皆して酔っ払い、最終営業日、ってことで、ゲンさん勝手に冷蔵庫から一升瓶を取り出し飲み始める。おいおい。

散々飲んで食い散らかしてあっという間に25時。皆で片づけ&洗い物の後独り新宿へ、BarBox。へろへろ状態でThe Who、Led Zeppelin、大爆音。あぁ、意識が遠のいていく…。やがて記憶を失った。

(2003/11/01)

<<<PREV