Index>>>

アルプス=ヒマラヤ造山帯/国際ボーキサイト連合/ビルトイン・スタビライザー/同盟罷業&怠業/弾劾裁判所/ゲリマンダリング/世論調査&操作/国連難民高等弁務官事務所/森林的思考&砂漠的思考/アジア=ハイウェイ/野辺送り&虫送り/真・善・美・性/涅槃寂静/記録的な愛・・・/

今夜のBGM.....町田町蔵「イスラエル」

(2003/01/31)

目覚めると体調どん底。薬を切らすとこの有様。で、掛り付けドクター、ヘルプミー。新しい薬を処方される。徐々に軽いものに移行してるらしいのだが。早速、薬名インターネット検索(勿論、彼から長々とした説明があったのだが....)、良効例、悪効例諸々。しかし数多ある情報の中でいったいどれを信じればよいのだ?困惑ひとしきり。とにかくストレスと疲労を回避せよ、と彼は言う。しかし自分でもぞっとするほど顔色が悪い。人に会うのが億劫。会社には止むを得ず行くけどね。

フォーバレーのブッキング担当K氏よりTELあり。3月ライブを提案されたのだが、4月で、とお願いする。とにかく今は新しい曲を創りたい。ちょっと時間を下さいな。

今夜のBGM.....LOU REED「PERFECT NIGHT LIVE IN LONDON」

(2003/01/30)

・・・ということで、すっかり創作モードな日々。新しい曲と詩を創造せんと意識、四六時中。で、MDウォークマンと紙切れとペンが専らのマストアイテム。しかしその一方で、財布や携帯などを社内のあちこちに置き忘れ、入れ替わり立ち替わり人々がそれを届けにきてくれたりする有様。おいおい。

インターネット・セキュリティのことがめちゃくちゃ気になってね。昨年、このサイトが一時的に改ざんされてしまったり、ホームページ見てるだけでウィルスに感染してしまったりした経験から、ここんとこ相当過敏気味。「改ざん」発覚の際はすぐさまプロバイダにメール連絡したんだけど、驚くほど迅速な対応だった。しかし直後に電話掛かってきていろいろ話ししたんだけど、そこでの対応はとっても白々しかったなぁ。まぁそうだよな、威信に関わる問題だから自分らの落ち度を認めるわけにはいかんだろうな。あと、僕はWindowsとMacintoshを日々使っているのだが、やはりこの世界の9割の人々が利用しているというWIN+IE、OE環境はめちゃくちゃキケンだ。ホームページ閲覧してるだけで気付かぬうちに自分のcookie、キャッシュ情報がどこかへ送信されてしまったり、最近は「お気に入り」まで漏洩してしまうそうだ。これはIEのセキュリティホールらしいんだけど。しかしIEは使い勝手が良いのでついつい利用してしまいがち。更に、そのようなウィルスはシステムに影響を及ぼすものではないのでウィルス定義から外されていることが多いらしく、アンチウィルスソフトでは検出できなかったりするのだ。だけど自分が知らないうちに個人情報が漏洩してるなんて、とっても気色悪いじゃない?で、IEはセキュリティレベルを最高に設定、cookieは受け付けない、キャッシュはアプリケーション終了時にクリア。あと自宅MACはルーターのセキュリティ設定をやり直して、Nortonのパーソナル・ファイアウォールをインストールした。しかしこの手の話はきりがないな、後日今思ってることをちゃんと記そう。

今夜のBGM.....Tommy Guerrero「Loose Grooves&Bustard Blues」

【追記】Macのセキュリティ云々というのはMac OS Xのこと。それはUNIX系OSであることから、特にADSL常時接続環境だったりすると外部からのアタックを受けやすいらしい。最近その手のサイト各所から頻繁に警告が発せられている。OS9以前は特に問題無いそうだ。

(2003/01/29)

昨夜の続きだけど。「孤独の構造」を描き切れたらきっと人類は生まれ変わるぜ。所詮この物質文明は孤独の所産に過ぎないさ。つまり孤独はこの世のあらゆるモチベーションのママなのである。へへへ、そんなことなどとっくの昔に見透かしてたさ。

今夜のBGM.....bloodthirsty butchers「未完成」

(2003/01/28)

「甘えの構造」っていう土井健郎の名著があるでしょ。高校生の頃、現代文なんかでよく取り上げられてたあれだ。「名著」なんんて言ってしまったけれど、10数年前初めて読んだとき、その論理性に圧倒されたものの(意味とかイメージとかを遙かに凌駕しているような気にさせる、有無を言わせぬ、堅牢なる論理性。まぁ、僕に言わせればそれは暴力団、自衛隊、国家権力と何ら変わらぬものなのだが)、心の底から反発したくなったのを覚えている。なんでもっと押し進めて「孤独の構造」を書かなかったのか、ってね。それを書くことができれば、間違いなくあのうざったい「純文学」とか「宗教」とかはこの世からお払い箱だぜ。しかしこの地球が核兵器の焦土となっても、言葉がある限り詩は残る。土民のパーカッションと共に。

で、僕らは己がじし「孤独の構造」を書き留めておくべきだ。だけどその体現はサルにまかせとけ。んー、まるで60年代の学生のメモみたいだ(笑)。

今夜のBGM.....Paul Williams「Someday Man」

(2003/01/27)

傷口のように開いていく朝。乱れ散る陽光と、崩れ落ちる大気線。急いでその目録を作成しなければ。だってそれこそが唯一無二の希望なんだから。

やがて黄昏の和音(ワイン)。それに無邪気に飛び乗って、メロディラインを組み立てる。しかし森のプレリュードはアインのデテストメントを許さない。そんな光景を遠くから、またしてもだらしなく終わる今日一日。

今夜のBGM.....土屋昌己「Mod' Fish」

(2003/01/26)

気分転換になるかな、と思ってお買い物於新宿東口界隈。しかし凄まじき人いきれに耐え切れず、そそくさと馬場に帰還。駅前の書店でMac OS Xリファレンス本、近所の古書店で詩集、詩誌数冊を購入して帰宅。あとはぽかぽかのマイルームで乱読、乱読、乱読。

不意に不思議なコードとメロディが閃く。ほんのさわりだけなんだけどさ。すかさずMDウオークマンにREC。展開は明日考えよう。で、ジェフ・バックリィ聴きながら今宵もアイレイモルト&久しぶりハートランド。これまた近所の酒屋で昨夜発掘。

(2003/01/25)

所詮、だらしなく太ったブタどもが幅を利かせるメカニズムだ。俺はそこからそっと離れる。
(2003/01/24)




削除


(2003/01/23)

グローバリズム。国際主義(国家、民族単位としての)、世界市民主義(コスモポリタニズム)、宗教普遍主義(エキュメニカリズム)。個人主義、アイデンティティの混乱、愁訴.....

だがしかーし、戦争反対!アメリカ帝国主義粉砕(笑)。アターマ弱すぎ、ジョージ・ブシュくん。マターリ。

現存するコトバの順列組み合わせ、言葉遊び、言語芸術。独り善がりな意味、イメジ。玉響(たまゆら)な旋律、禁断の半角カナ。

(2003/01/22)

くれなひよふらむ、
さかのはゆりのべ、
やまぎはあきのび、
なかぼることのは。
じゃならのかのかの、
ほとぼるさらのさ、
あゆらむまからば、
うたらふ、えらんじぇ。

reprise 2002/01/21>>> (2003/01/21)

・・・ということでwebデザイン業界は目下天手古舞い状態だそうな。で、そのクライアントの殆どがえっち系サイトさん、それは毎日更新が当たり前だそうで、じゃんじゃん送信されてくるえっち画像をじーっと鑑賞してる暇などまるで無くヒーヒー言いながらタグを打ち込む日々なんだって。

ところであの手のサイト、意外とデザイン的にステキなものが多かったりするんだよな。アーティスト気取りのサイトなんかより断然アートだったりするよ。気のせい?

そういえば以前野郎数名に「男のブックマーク交換しようぜ!」って声掛けたんだけど、一様に反応鈍かったなぁ。

(2003/01/20)

決して星になれない僕らの死者たち。そして決して星座を成し得ない僕らの物語。やがてそれは僕らが気付かぬうちに「荘厳」なるエピローグを奏でてしまうのだろう。

僕が死んだら「きさらぎソング」を大音量で流して欲しい。

(2003/01/19)

夕刻、有酸素運動60分。目白通りから不忍通りへ、目線にフルムーン。

夜、表参道ANNIVERSAIRE CAFEにてGUINESS飲みながら詩読、詩作。詩誌「凶区」(eelナンバー「狂区」のヒント)の同人、渡辺武信の詩篇にやられる。

その後明治通りを凍えながら北上して新宿三丁目、Bar BOX。ラフロイグ&ブリティッシュ・ダークサウンド。WEBデザイナー、A氏に邂逅。HTMLのこと、各種ブラウザのことなど、プロの話はとっても興味深い。

深夜、再び明治通り。フルムーンは頭上へ移動していた。

(2003/01/18)

朝、ぼんやり考え事しながら改札に挿入した定期を取り忘れてそのままメトロに乗り込んでしまった模様で、九段下乗り換えの際それに気付いて慌てて駅員さんヘルプミー。帰り道、駅事務所で恐縮しながらそれを受け取る。ああよかった。

まぁ、考え事してて一駅乗り過ごすなんてよくあることなのだが、最近忘れたことさえ忘れてしまうので困ってしまう。自分でもオカシイんじゃないかって思うよ。

帰宅して「こんてむつすむん地」(”世の思いを捨てる”の意)ナイト。おいおい。

(2003/01/17)

今夜も僕はこの茫漠とした夜陰から少し離れた閃きと直感に目弾きしながら新しいメロディーラインを追いかける。そう、論理性、客観性など15の頃に捨ててしまったよ。ほら見てみろ、芸術家の死はいつも奴らをあたふたさせる。しかし歴史的認識を宙吊りにした小春日和の産物たちと四畳半シュールレアリストたちとの間に何ら差異など無いんじゃないか、なんていうこの夜陰に潜む闇が僕を癒し、苦しめるのだ。やがていつもの混沌、宇宙の狭間で口籠もる。

(2003/01/16)






凶奴/殺鼠/魯鈍




(2003/01/15)

ギターを弾けば「音がデカい」、歌を歌えば「声がデカい」、ボトルが空けば「あんたが飲むような酒などこの店には無いよ!」などと罵詈(うひひ)されてしまう僕は、やはり「ロック」なのだろうか?まあいいや、取り敢えず「アンチ」をやめてみることにした。S氏、M氏、口添えサンキュー。しかし「ロック」っていう言葉に居心地の悪さを感じるのも相変わらずなんだよなぁ。まあ、個人的にはどーでもいいことなんだけどさ。

(2003/01/14)






月視/ギ想/臨界.....そう、臨界の色は虹のワインだったんだ。




(2003/01/13)

醜い顔、到底外出する気にもなれず。ジェフ・バックリィの「ライブ・イン・シカゴ」のDVDを繰り返し。僕が初来日公演を観たのとほぼ同時期の映像、その時の記憶が蘇る。やっぱこの人凄いな。若くして死んでしまったのがほんと残念。夕刻、映画を観に行こうかなと思ったりしたんだけど、やはり外出が億劫。数編の詩を堪能、Mac OS X(10.2.3)環境の整備、ブックマークの整理、部屋の清掃などして、無益なことは考えないよう努める。

(2003/01/12)

村守水分(むらかみすいぶん)のアコースティックライブにゲスト参加、池袋Free Flow Runch。ほんとは体調、顔色がめちゃくちゃ悪くて人前に出るのが苦痛だったんだけど、店内薄暗くてこれ幸いとばかり三曲程ドゥ・ライブ。すいぶんをはじめ柿沼孝弘くん、吉田振也くん、ニベケイスケくん、素敵な音楽をありがとう。

今夜のセットリストメモ

1 Slow Life
2 愛する君のために(スロー)
3 明日へしか行けない

(2003/01/11)

病再発、案の定。慌てて病院へ、薬をしこたま処方される。そして今にも泣き出しそうな思いで就業。まったく、生きた心地がしない。帰宅後、ギターを手に取り弦を張る。今夜はこれで精一杯。

(2003/01/10)

光を凌駕する闇。僕を癒し苦しめるそれはリリカルな暗喩と灼熱の直喩を惹起する。詩篇、死片、ケイオス。原初の、最初の、裂け目。

(2003/01/09)






月視/ギ想/臨界




(2003/01/08)

今宵も僕はパワーブックの液晶画面を目前に茫洋としたこの状況を集約せんとするできの悪い詩篇と陳腐な決まり文句との狭間で揺らめいている。ところが実はそこからあまりにも掛け離れたところにいるんじゃないかなんて気がしてきてケイオス。なんとか紐解こうとウイスキーを飲み始めるとやがて頭蓋の局部が覚醒し、一遍の詩が道付けられたりする。しかし羽ばたくことができなきゃ鳥瞰なんかできんだろ、こら。

(2003/01/07)

ガラスの道を音をたてずに歩く習慣は、もう止めにしたい。

(2003/01/06)

抽象的な悲しみに泥濘るんだ細い細いあぜ道。希望と絶望と、なんて言う程の振幅ではないけれど。言ってみれば少し絶望に傾いたあばら屋の建て付けの悪い窓。常に差し込む不安、やがて永遠に花信の届かぬ春の風ひゅるり。

夜、Bar BOX。客は僕一人。

(2003/01/05)

ライブ。お客さん結構入ってて、CD-Rもたくさん捌けて、とっても嬉しかった。

ライブ終演後、総勢壱拾壱名で打ち上げ兼新年会於四谷魚民。飲む飲む、喰う喰う、喋る喋る、楽しい楽しい。

午前零時、解散。あー疲れた。そろそろ新曲作らないとな。しかし週明けから実生活が待っていると思うとぞっとするなぁ・・・。

(2003/01/04)

目覚めて直ちにRECデータのミックスダウン、窓の外は雪模様。うーん、ちょっとやっつけ気味かなぁ・・・。しかしもう時間切れ、今回配布分は一旦これにて作業終了。

近所のスーパーで念願の食糧購入、しかし取る物も取り敢えずCD用シール、フライヤのデータをこれまたやっつけで製作。堪らなく欲しいぜ時間がさ。けれど四の五の言ってるいとま無し、夕刻慌てて家を飛び出しデータの出力&断裁、CD-R購入など。帰り道、高田馬場「ずいま」にて独りおつかれ豪奢ディナー(麦ライス+ホルモン炒め+豚汁+スーパードライ@1500エン)食して帰宅、後はひたすらCD焼きまくり。

22時頃、じんくんより「ゲン、病に倒れる」の報。

(2003/01/03)

今日もひたすらRECデータのエディティング。合間に有酸素運動45分、たおやかな冬の陽射し。

我が家の食糧が底を突いた。昨日から発話は忘却の彼方。水分から封書が届いた、ありがとう。

(2003/01/02)

ひもすがらよもすがら、RECデータのエディティング。あともうちょい、かなぁ・・・

(2003/01/01)

<<PREV