Index>>>

ああ、もう大晦日なんだ。慌てて信用貨幣を引き出したり食糧や靴下を買い求めたり、東奔西走。

昼過ぎ、ゲンがうちにやってきてBass録り。凄まじき集中力。あっという間に2曲分の作業を完了。あとはエディティングを残すのみなのだが、果たして次回ライブまでに完成させられるんだろうか?

夕刻、そのまま馬場で飲む。やがてすみちゃん、アダチくんがやって来る。ひとしきり飲んだ後、何故か皆で蕎麦屋を探すことに。しかしどこもかしこも閉まってる。仕方ないのでタクシー捕まえて新宿へ移動、ようやく明るい蕎麦屋発見。ところが蕎麦屋のくせに蕎麦アウトオブストック、結局饂飩を喰う羽目に。

皆と別れてBar BOX。ここでようやく蕎麦にありついた。しかし僕は既に超酩酊状態、カウントダウン寸前でダウン。タクシーで帰宅、そのままベッドに倒れ込む。

(2002/12/31)

有酸素運動50分。冬の緩やかな陽射し。

午後、RECデータ編集作業。ヴォーカルトラックを念入りに。

夕刻、バンドリハーサル。声量十分。

夜、池袋FFR。昨夜の反省会。

深夜、新宿3丁目Bar BOX。GUINESS&LAGAVULLIN。ZEPナイト。すみちゃんから「代田もZEPナイト」とのメール。

午前3時頃、明治通りをふらふら歩いていたような気がする。

(2002/12/30)

池袋FFRの忘年会ライブ。僕は2バンドに参加、その内訳は・・・ラモーンズバンド=総料理長(V)、関井直良(D)、金丸崇彦(B)、僕(G)。ニール・ヤングバンド=関井直良(V+G)、川崎貴志(B)、かとうじん(D)、僕(V+G)。ギターの音がデカすぎると叱られる。すみません、狂喜乱舞の店内にあって、自分の音が全く聞こえなかったのよ。で全12バンド出演、いちいち盛り上がって飲む飲む。午前零時頃、東京ボブ・ディランさんの「運命のひとひねり」にしびれ、失神。あとは全く記憶無し。

(2002/12/29)

今日から冬休み、途端に元気一杯。仕事のストレス、相当なものだった模様。ほんと俺のカラダってバカ正直だな。

午後からパワーブックくんと共に近所のスタジオにてREC作業。先日「いやぁ、時間無くてさ....」なんてげんに話したら叱られたので、気合い入れて進める。それにしても曲の雰囲気を創り出すのがとっても難しい。しかしここんとこの試行錯誤が功を奏したのか、なんとなくいい感じになってきたような気がする。しかしデータの編集はこれから、年末年始はその作業に掛かりっきりになりそうだ。

帰宅してロールキャベツ製作。玉葱、人参、いんげん、ベーコンと共にコンソメで煮込む。この季節ビールが美味い。湿度20%じゃ喉も体も思いもカラカラだ。超異常乾燥した大気がとってもツラい師走晦方。

(2002/12/28)

精液にまみれたマテリアル・シティの残響、女たちの嬌声。狂区。

(2002/12/27)

目覚めて鏡に映る自分の顔を見て、病識。慌てて近所の診療所へゴー。赤ら顔のドクター曰く「過労、ストレスが病因、兎に角休みなさい」。でも休めないんだよなぁ。

会う人会う人(ビジネス関係)から「どうしたの?具合悪そう」。うーん、それはおれのビジネスさ。で、逐一説明する気にもなれず、まさに死に体な一日。

深夜帰宅してFFR総料理長と今度の日曜日の忘年会バンドについて打ち合わせ。電話を切って直ちに課題曲の採譜に着手、ロケンロー!

(2002/12/26)

・非現実感(自分が自分でない感じ)
・発狂不安(狂う、常軌を逸するという心配)
・死への恐怖(死ぬのではないかという恐怖)
・めまい、頭のふらつき(頭が軽くなる感じ)
・窒息感、息切れ(息が詰まり、呼吸が早くなる)
・動悸、頻脈(心臓がドキドキして脈が早くなる)
・胸部痛、胸苦しさ(胸の痛みや不快感)
・吐き気、腹部の不快感
・全身または手足のしびれ
・身体全体の冷感や熱感
・冷や汗をかく(汗をかく)
・神経がピリピリ、ヒリヒリする

ここしばらくこういった症状に悩まされている。いろいろ調べてみたら、やはり心身症、不安神経症の典型的な症状だった。そういえば数年前、妹がメニール症候群と戦っていたし、母は昔っから鬱病の気があるし。血の記憶が蘇ったのだろうか。

深夜激務を終え、人影まばらなオフィスでSさんにこういった心内を打ち明けた。途端にすーっと気持ちが楽になっていくのがわかった。自分に立て籠もってばかりじゃ解決できないこともあるんだな。

レスポンス超鈍(ちょ-にぶ)な今日この頃ですが、がしっと受け止めております。みなさんすみません。

(2002/12/25)

今日も涙腺緩みっ放し。目元ひりひり、激メランコリック。

(2002/12/24)

目覚めて涙が止まらない。それはまるで荒れたほおを自虐的に愛撫しているかのよう。ひりひりとした痛み、消炎。

原因は不明。ただいつもの抽象的な悲しみがのっしりとあるだけだ。まあ、僕は生まれながらこの世界に絶望しているからしてそれは止むを得ないことさ。よって終日うちに引き籠もる。やがて食糧が無いことに気付いて気合い入れて外出、近所のスーパーマーケットへ。野菜がめちゃくちゃ高い。むかつくので何も買わずに帰ろうかと思ったが、空腹に耐えきれずアスパラガス258円、レッドピーマン298円などをこれまた涙しながら購入。

(2002/12/23)

午後から近所のスタジオでREC作業、6時間。ヴォーカル、ピアノ、ギター録り。パワーブック様様。

夜、Bar BOX。GUINESS&LAGAVULLIN。今宵のBGMメモ。

・The WHO「Quadrophenia」
・Lenny Kravitz「Let Love Rule」
・MARIA McKEE「Life Is Sweet」
・浜田真理子「Mariko」

(2002/12/22)

有酸素運動50分。体中溜まりに溜まった毒抜き。

人参、長葱、椎茸、春菊、豚のバラ肉などを切り刻んで小さな土鍋で煮込む。冬野菜はほんと美味しい。

窓の外は冷たい雨、しかしうちはぽかぽか。この冬新規導入したガスファンヒーター効果。明日のヴォーカル録りに備えてデータの編集作業を進める。

夜、池袋FFR。ボス深田氏が取り置きしてくれたISLAY MALT、CAOL ILA12年。深い深い海の香り、くーっ、しびれる......。来週催されるここの忘年会に僕も総料理長より出演を依頼されているのだが、彼が僕に何を期待しているのかようやくわかったよ。ロケンロー!でしょ?あはは、FUZZでも買うか。

(2002/12/21)

俺ね、今すぐにでも全てを擲って音楽に身を投じたいんだよ、生活といううすのろがいなければ。くそっ、資本主義のブタどもめ!肥えて肥えて肥えまくって肥えダメで溺れて死ね!
(2002/12/20)

下降のうちに上昇を、
悪のなかに至高の聖性を、
虚無のかなたに存在のきらめく薔薇を。
(2002/12/19)

仕事は繁忙を極め、心と体は摩耗しきってひりひり状態。ここしばらくとんと創作から離れてしまっている。資本主義のブタどもめ!

パワーブックくん、手術を終えて帰還。入院して3日目の今日、その対応の早さにびっくり(アップルのピックアップ&デリバリーサービス)。コンボドライブ交換、だそうだ。HDが初期化されてしまったので、またまたOS入れ直し(これで3度め)。で、OSX上のクラシック環境を独立させて使う方法、わかったよ。OSXのHDにあるOS9のシステムフォルダ、アプリケーションをそのまま別パーティションにコピーするだけで、それを起動ディスクにできるのでした。まぁ、同じボリュームに2つのシステムがあるのは何となく気持ち悪いし、スタジオなんかで突如起動しなくなった際に別パーティションから起動できるようにしとけば安心だしさ。あと、USキーボードに交換してcommandキーを右側に増設したいんだよなぁ。僕はマウスを左手で操作するので、右にcommandキーが無いととっても不便なんだよ。

(2002/12/18)






過労ダウン。




(2002/12/17)

仕事帰り、散歩。新宿通りを道形に。今夜はなんだか風がなまあったかくって、まるで春の雰囲気。しかし僕のうしろに流れていく街の景色は砕け散っていく....やがて四谷、フォーバレーで次回ライブのチケットを受け取って更に西進、御苑付近ですっかり汗だく、コートが邪魔。喉が渇いてBar BOX。小一時間飲んで、明治通りをふらふら北上、帰宅してクエスチョン。

(2002/12/16)

REC作業。3時間しかスタジオ取れず、集中してリードギター録り。さっさと全パート録り終えてしまいたいのだが、ここんとこ仕事が猛烈に忙しくなってきて作業に充てる時間の遣り繰り超困難状態。おそらく年末年始はこの編集作業に掛かりっきりになるだろうな。

帰宅してRECデータのバックアップを取る。明日からパワーブックくん入院、なので。まあよくある初期不良、ってやつだ。来週末に必ず返却してくれと頼んであるんだけどさ。

(2002/12/15)

021214.jpg

(2002/12/14)

僕は超アレルギー体質なのだが、この冬はかつて無かった程に辛い思いをしている。何が辛いかって、乾燥肌。職場は暖房ガンガン、常に超異常乾燥状態、これが苦しくてたまらないのだ。あらゆるスキンケアを試し、食事に気を遣い、更にビタミン剤数種(総合、B群、E)を毎日接種するも、改善の兆しまるで無し、あぁ。

だらしない性欲に支配される。男であることがめんどくさい。よって視床下部の性中枢を麻痺させる。

(2002/12/13)






キウイフルーツ&ハチミツ。




(2002/12/12)

朝、早稲田松竹復活の報。よかったよかった。

早稲田松竹復活プロジェクト

(2002/12/11)

手を洗いうがいする人、にわかに順行する光の行方。

僕は死ぬまで工事中、右脳の徒然なるままに。

右から西へと滑り落ちる、ただそれだけの一日。

(2002/12/10)

目覚めると白銀。会社へ向かう道すがら、あっちこっちでおじさんなどがすってんころりんしてる有様。

退社して凍て付くアスファルト踏み締めながら夜鳴饂飩。帰宅してここんとこ我が家のヘヴィローテーション、ゆらゆら帝国「ミーのカー」。あまりにも寒いのでエアコンをマキシマムホットに設定、途端にヒューズがぶっ飛んで真っ暗闇。あぁ。

アボカドライフ、二日目です。

(2002/12/09)

・・・っつうことで、アボカド購入。とりあえず縦に切り裂いてスプーンでほじくって喰いました。うーん・・・。で、アボガドGoogle検索してみたところ、その調理法から栽培方法までいろいろ。今度時間あるときに試してみよーっと。

午後から近所のスタジオにてREC作業。Power Bookくんがさくさく処理してくれる。それにしても機材搬入が随分楽になったなぁ。でで、予定してた2曲のGuitar録りをほぼ終える。

(2002/12/08)

目覚めるとマイルーム、散らかり放題。あまりにも不快なので「生活空間改善プロジェクト」を発足させる。しばし考察、なーんだ、収納スペースが足りないだけじゃん。じゃ、それを創設せねば。エレクターとか検索してカタログ見て部屋のスペース採寸したりなんかして、結構楽しい。

街はすっかり師走モード。明日REC予定曲のアレンジなど考えたりしながら東急ハンズへ。で、お目当ての収納ラックをオーダー。しかし西早稲田より新宿の方がぐっと暖かいのは何故だ?なんかやばいんじゃないかこの街。

その足でBar BOX。GUINESS&LAGAVULLIN。やがて印度料理堪能於銀座帰りのげんくん、すみちゃんがやって来る。話題は日常生活全般について。ここんとこ悩んでる乾燥肌にはアボカド(ビタミンF)が良いそうだ。それから化粧水の正しい使い方について御教授頂きました。より快適な暮らしを求めて、意見交換ナイト。

帰り際、マスターT氏より浜田真理子さんのセカンドシーディーを譲り受ける。サンキューサンキュー。

(2002/12/07)






黒い死、銀河系。生の陰画。




(2002/12/06)

コンピューターウィルスに感染。システムに影響を及ぼすような悪質なものではなかったものの、その管理者に多大なる迷惑を掛けてしまった。Win+IE環境がいかにキケンなものであるかがよく分かったよ。

ことの次第は・・・たまたま調べものをしてたらアメリカの検索サイトに辿り着いた。途端にウィンドウがじゃんじゃん開きまくって(海外サーバにあるえっちサイトでよく見かけるあれみたいに、その内容は広告)、うわーっと思ってIE6.0を強制終了、しかしその「No Close」なるウィルスはHTMLファイルをダウンロードしただけで感染してしまうのだった(感染するのはWindows版IEのみ)。その後IEを起動する度、気付かぬうちに僕が閲覧しているサイト情報をJava Scriptを介して先方さんに送っていた模様。つまりそのようなプログラムが勝手にインストールされてしまっていたのだった。まぁ、キャッシュをクリアすれば除去できるんだけどね。アメリカの検索サイトなどにはこういった悪質な仕掛けを持っているものがままある模様だ、やはりインターネットは恐ろしき世界。

(2002/12/05)

「孤独はひとのふるさとなり」(坂口安吾)か。って以前ここに書き記したかな。要はそれをいかに解釈するか、だ。アーティストはそれにがしっと対峙する。しかし僕は今、そこから逃げ出す方法を病的なまでに考える。

体調不良。全身にしびれ、おまけに断続的な吐き気。今日一日、生きた心地がしなかった。カイシャを出ると一目散に帰宅。

帰宅すると詩人のKさん、Yさんの作品がポストに。開封する際、めっちゃくちゃ緊張した。因って今夜はアラームをセットしないことにする。

(2002/12/04)

そうそう、苦悩があるから芸術があるんだよな..........

げい‐じゅつ【芸術】
[art] 一定の材料・技術・様式を駆使して、美的価値を創造・表現しようとする人間の活動およびその所産。造形芸術(彫刻・絵画・建築など)・表情芸術(舞踊・演劇など)・音響芸術(音楽)・言語芸術(詩・小説・戯曲など)、また時間芸術と空間芸術など、視点に応じて種々に分類される。[株式会社岩波書店 広辞苑第五版]

じゃあなんでヒトは「美的価値を創造・表現しようとする」の?えーっと、それはひりひりっとした「孤独」があるからさ。

(2002/12/03)

目覚めると宿酔、こりゃモーレツ。終日、仕事もままならず。

そういえばここんとこ曲作ってないなぁ。で、数日前閃いたアイデアを今にも砕けそうなアタマん中で反芻。んでおサイケロック、一丁上がり!

(2002/12/02)

皆でTIME&Beg Your Pardon?Live2002へ、目黒Blues Alley Japan。会場はまるで結婚式場かと見紛うばかりのゴージャスな雰囲気。僕らはステージ齧り付きの席を陣取って、ビールなど飲みながら開演待ち。ふと振り返ればFreeFlowRanch軍団の姿。総料理長がゲンと僕の耳元で囁く、「へへへ、ボトル入れようぜ」。悪魔.....

で、BYP?登場。うわっ、いつものバーライブと同じノリだぁ!僕らは大いに盛り上がる。ベースのカワサキさんステキ♥

続いてTIMEさん。のっけからその馬鹿テクぶりにびっくり。サウンドは80年代風、更にボーカルの人が田原俊彦みたいでそれに輪を掛けてた。

終演後、Kさんから詩人のYさんを紹介して頂き、更に僕らのCDまで受け取って頂いて、大いに恐縮する。

そして打ち上げ。大広間に大勢の人、こんな飲み会は学生の頃以来だ。ミュージシャン達との会話、そしてK夫人と初会話。なんか嬉しかった。

23時、べろんべろんで帰宅。しかしかろうじて電柱激突は回避。

(2002/12/01)

<<PREV