Index>>>

昨夜約一週間分は笑ったので、これから暫くの間、笑う必要がないかな。

走る。新目白通りを道形に飯田橋まで、そこから早稲田通りに入って神楽坂を抜けて戻ってくるコース、約50分間。他に学習院から目白通り、田中真紀子邸を横目に江戸川橋、神田川沿いの遊歩道を辿るコース、外苑東通りを市ヶ谷方面へ、右折して北新宿、新大久保を駆け抜けるコースなどあり。ほんとはまた泳ぎに行きたいんだけどね。いやぁ、今年はよく走ったし、散歩もした。都心の裏通りなどで、数々の面白いありさまを見たよ。やはり創作には散歩が一番、ペンと紙切れとWALKMAN持ってね。

近所のスーパーで買い物。この時期、何故こんなに野菜が高いのか。しきりに腹が立つ。そんななかで1/2株128円なる白菜を発見、即購入。大きめの鍋にそれを敷き詰め、っつうか鍋一杯の白菜、その隙間に椎茸、人参、ねぎ、豚バラ肉などを詰め込み、かつおだし、こんぶだし(顆粒状)を入れて、火に掛ける。野菜から出る水分だけで煮込もうという算段。いいカンジで煮立ってきたら下茹でしたほうとうを加え、たまごなど入れて出来上がり。美味い!

夜、新宿三丁目のBAR M'sへ。年越しそばなど振る舞われる。僕は慌てて国産ビールに切り替える。23:30頃から、にわかに店内がざわつき始める。何故か上半身裸の若者が、客という客に背中をばちばち叩かれている。ヘンな光景。やがてカウントダウン、今度はテキーラが振る舞われる。しばらくして、11年間つきあってきた彼女に振られたという男(マスターT氏)が酔って暴れ始める。タイヘンだ。25時過ぎ、脱出成功!店を後にうなだれて歩いていると、浜崎あゆみ風の女の子二人組に声を掛けられる。「花園神社はどこですか?」「ああ、あそこだよ」「一緒にお参りしましょうよ」「いや、俺は酔っ払っているし無神論者だし唯物主義者だしあきれるほどの平和主義者だし日米安保粉砕せよだし云々」などと言ってお断りする。でもこれって、逆ナンパなんじゃないか?などと考えながらタイミングの悪さを悔やんで夜空を見上げる明治通りにて。

今年は素敵な曲がいくつか書けた。来年はもっともっとたくさん曲を書こう。

(2001/12/31)

FREE FLOW RANCHのパーティーに参加。案の定酔っ払ってしまい、殆ど記憶無し。かろうじて覚えていることは、酔って思うように声が出せなかったこと、ギターの音がデカすぎたこと、そしてとっても楽しかったこと。明日はM'sのカウントダウンパーティーに参加予定。まだ飲むか? さすがにやばい気がするので、年明けにノンアルコールナイトの実施、全会一致で決定さる。

(2001/12/30)

久しぶりにパチンコやったら、あれよあれよという間に60000円も勝ってしまう。なんだか気持ち悪いので、もう二度とやらないこととする。

そこで、買い物。先ずは広辞苑第五版のCD-ROM。これ、めちゃくちゃ欲しかったんだ。ヨドバシカメラのポイントが何故か10000円近く貯まってたので、2000円で購入。英和辞典とかも欲しかったんだけど、今日はやめた。高校生の頃使ってた辞書はもう古くて使えないな、時事問題とかさ。

続いてタワレコへ、これまたポイントカードが3000円分貯まってたんだ。ジェスロ・タルとかキング・クリムゾンとか買っちゃったよ。今年はCDをあまり買わなかったなぁ。だけどいろんな音楽を聴いたような気がする。今年のベストはなんといってもフジロックにおけるニール・ヤング。あと、相変わらずジェフ・バックリィ。「リリィ・シュシュのすべて」サントラ。家では専らインターネットラジオでジャズ。そして酒場で聴いたきらめくサウンドの数々。

更にデパートメントストアーなどにも行って、暖衣飽食状態。おまけに帰りがけ、近所の酒屋でLAGAVULIN*2購入。店主、目をぱちくり。

・・・とまぁ、泡銭で贅沢三昧な一日。

(2001/12/29)

材木屋風の男と飲む。膨張宇宙について、万物の可逆変化の可能性について。透明なセメント袋一杯の落花生をつまみながら、勿論殻はカウンターの下に投げ捨てるに決まっているじゃなか。

(2001/12/28)

残念ながら、目が覚めてしまった。

仕事納め、明日から休みだ!嬉しい!・・・と小声でささやきながら忘年会さんたちでごったがえす新宿東口を突き抜け、M'sへ。店内はこれまた忘年会の二次会三次会と思しき客で賑わっている。「すいませんねぇ、五月蠅くて(以前CMかなんかで見たな、この字)とマスターT氏。いやいや。僕はいつも通りマイペースで飲む。やがて酩酊、深夜凍てつく明治通りをとぼとぼ歩いて帰宅。明日より創作活動再開。

(2001/12/27)

疲れた体をずるずる引きずって帰宅、飲む。少しずつ癒されていく。でも今夜は覚醒しない、何も感じない、考えない。酔った勢いで眠る。暖かいベッドのなかで、このまま目が覚めなければいいな。

(2001/12/26)

わが街西早稲田も年の瀬モード。早朝から近所の商店主らが走り回っている。俺は白い息吐きながら、更に宿酔に起因するところのふらふらをこらえながら駅へと急ぐ。あとはいつも通り。

(2001/12/25)

旅行帰りの友人、羽田より「土産を渡したい云々」との連絡。夕刻、新宿にて落ち合う。津和野の地酒だった。そして飲む。eelナンバー「明日へしか行けない」が良いと言う。俺はそんな曲のことなどすっかり忘れていた。その後彼と別れてM'sへ。店内はすっかりクリスマスモード。冷凍テキーラ飲んで今宵はおしまい。だがしかし、今日新宿で老人に刃物を突きつけてわめいていたという少年は、一体何を求めていたんだろうか。君、寂しいの?

(2001/12/24)

groomy blue、groovy blue。
言葉とメロディのハネムーン。
だけど一言だけ踏み外してしまった。
そしてその途端に二人は憎しみ合った。

redtopの弦交換&社会的チューニング。
もうクリスマス、うねるいのち。

夕刻、久しぶりのeelリハーサル。喉は回復しつつある。

気がつくと僕はブーツを履いたまま部屋に上がり、このテキストを入力していた。

(2001/12/23)

ここしばらく、インターネットラジオばかり聴いている。いやぁ、これはいいよ。好きなジャンルの音楽を延々と聴いてられるんだから。CMなし、DJなし、っつうのがいいな。夕刻、近所の古本屋で現代詩手帖、ユリイカなどを約3kg分購入。夜、久しぶりにこれまた近所のスタジオへ。喉のリハビリ。

(2001/12/22)

飲む。疲れた体が次第に弛緩していく・・・ような気がした。だがしかし、酒が美味くない。生きるガソリン不足。しょうがないので酔いに身を委ねようとする。だめだ、酔えない。やむを得ず、深夜明治通りを逆走。覚醒することなく死亡遊戯。

(2001/12/21)

僕の原意識のなりゆきを遡源していく。五月晴れの中庭、締め付けられる胸元。更に遠くへ遡源していく。砂の山、鈍色の空、そして宇宙線。そういった意識即ち、存在。

(2001/12/20)

なんで生きてるんだろうとか。
不安で眠れないとか。
恐怖症とか、孤独とか。
ノイローゼ、ネフローゼ、アンタレス。
ル・サンチマンさんたちへ、アンチロック宣言。
酸素が足りないか?
いや、もう30過ぎてるぜ。

(2001/12/19)

再び、宇宙の涯てから涯てへと流れる風。

(2001/12/18)

自宅MAC、復活。ハードディスクを交換したのだが、容量が交換前の倍になって戻ってきた。でも、事前に何の連絡もなかったな。OSの再インストールなど、凍えながら深夜まで。

(2001/12/17)

猛烈な宿酔状態。全く動けず。
午後遅く、我が家のゴールデンハムスター、フジコを連れて千歳烏山のKさん宅へ。僕のアレルギー性喘息がひどくなってしまったので、しばらくの間面倒を見てもらうことになったのだ。Kさん宅にはフジコと同じ日、同じお母さんから産まれたケメちゃんがいる。つまり、フジコとケメちゃんは姉妹。急激な環境の変化におっかなびっくりのフジコをケメちゃんに近づけてみる。すると、フジコがケメちゃんの口先をペロペロ舐めはじめたのだった。ケメちゃんうっとり。ケンカになるだろうと思ったんだけどね。うん、清潔で暖かくて24時間面倒見てくれる人がいて、君はここにいた方が幸せだよ、きっと。僕の薄暗い狸部屋にいるよりはね。

(2001/12/16)

午後から出社。この業界、年末はめちゃめちゃ忙しいんだ。毎年のこととはいえ、うんざりするな。さっさと仕事を片付けて徒歩で四谷FOURVALLEY、01/05ライブのチケットを取りに行く。当日は5バンド出演の取りで、21時からスタート予定、だそうだ。その後またまた徒歩で新宿、タワーレコード。聴きたい音のイメージはあるんだけど、一体何を買えばよいのだろう。あてもなくCDのジャケットを眺め歩く。結局、カーティス・メイフィールドのライブ盤、オールマンの「JESSICA」が入っているアルバムを購入。そして今度は電車で池袋、FFR。beg your pardon?のバー演奏を聴きにね。いや、生演奏をつまみに飲む酒はほんとに美味しいな。案の定泥酔、深夜徒歩で帰宅するも記憶全く無し。途中で電柱らしき冷たく固く背が高い物体に激突したのは覚えてる。それにしても、無事に帰宅できたのが不思議だ。

(2001/12/15)

仕事を終え、会社(半蔵門)から新宿通りをてくてく歩いて(40分)、新宿三丁目bar M'sへ。師走、歌舞伎町の暴力バー全店の売上総額、一億二千万円。同じく師走、歌舞伎町での落とし物の総額、一億二千万円、なんだって。もっとも、俺は歌舞伎町なんか行かないけど。BASS飲んでVIRGIN飲んでジン飲んでテキーラ飲んで深夜、明治通りをてくてく歩いて(30分)帰宅。いやぁ楽しいな、散歩。

(2001/12/14)

システムの死刑執行人、テロリスム。
不慮の死というスキャンダルに人質を対置しながら。

テロは暴力のエクスタシー。
国家は社会のエクスタシー。
ポルノはセックスのエクスタシー。
この世界に強化のウイルスと破滅のウイルスが蔓延し、
無差別性エクスタシーへ向かう。

今日もやけに陽気だ。

(2001/12/13)

MAC修理を依頼した業者から連絡が。最も恐れていた事態。ハードディスク交換だそうだ。8万円ナリ。僕の機密がぶっとんだ。

(2001/12/12)

ニュースで見聞きしたところによると、政治が平和を拒んでいるらしい。

(2001/12/11)

ここんとこ曲ができない。っつうか、創作意欲がてんで涌かない。だけど今年一年間で作った曲数、過去最高だ。ダメ曲もあるけどマスターピースもあるぜ。

12/30(sat)にFFRで催されるセッションに参加することに。当日は川崎貴志(BYP?)をゲストヴォーカリストに迎え、eelナンバーを数曲演るつもり。

今年はテキーラ、そしてモルト、LAGAVULIN。嫌いだったGUINESSが好きになった。近所の酒屋数件、近所のスタジオのおねいさん達と親交を深めた一年。あはは。

(2001/12/10)

タクシーに乗って新宿のパソコン修理屋へ、うんともすんとも言わなくなってしまったMACを担ぎ込む。ハードディスクは問題なさそうとのことで、一安心。ただ、保証はできないそうだ。伝票に記された「お客様の機密保持のため、弊社が責任を持って云々」というくだりがやけに気になる。パソコンの数だけ機密あり、か。だけどデータ消えちゃったらflyer作れなくなるなぁ。

薬のせいか、アタマが常にぼーっとしている。妙な浮遊感。詩でも書こうか。おもむろに煙草を吸うと、強烈な吐き気。これは減煙中(1日8本)である僕にとっては好都合なのだが。結局詩は死してしまう、ここしばらく。

(2001/12/09)

耳鳴り
水の音
深夜眠る前に
それは小さな川となる
その岸で
反芻されるゆめまぼろし

(2001/12/08)

起き抜けに感じたとてもはかないメロディ
そっと壊さないようにこちらへ傾けた
そしてできるだけ大切にその続きを奏でようと思う
夢に戻りそびれたそのメロディが
ここで豊かなアンサンブルに迎えらるように

(2001/12/07)

大気圏、反転!

ぼくはなぜこのようなことを考えたんだろう?

(2001/12/06)

資本主義貨幣経済システムに則って労働し、そして不自然な疲れ方をする。地球上を席巻するこのシステムは、不安を盾に取って利潤追求を強要する。しょうがない、追求してみるか。するとまた不自然な疲れ方をする。まぁ、飲んで寝ちゃえばすっきりするし・・・飲み過ぎ+利潤追求で不自然な疲れ方をする。あぁ、今夜も飲むか・・・飲み過ぎ*飲み過ぎ+利潤追求@不自然な疲れ方をする・・・ああ、仕事やめようか。だけど不安不安不安・・・。とても苛酷な世の中だ。世界人口。こんなにいるのか。

(2001/12/05)

想像し尽くしてしまったような気がして、
何が起こっても驚くことができないでいた。
ところがその矢庭に肉体が抵抗を開始、
ただ息をすることさえにも、だ。

深夜低くうねる波動を皮膚で感じながら、
きりきりと硬直していく頭蓋、閉塞していく視界。
すると突然ジャイロスコープ、
激しく咳き込みながら、
息も絶え絶えのたうち廻りながら、
360度ぐるぐる地軸を可変させていく、
ブランニューカルチャーマップ。

イロをツケてみようか。

茹でたパプリカ(赤、黄、橙)、
それをすぐに水で冷やして皿に盛りつける。
今度はあのきらきらした色がいいかな。

(2001/12/04)

いくら目を見開いても、
完璧なブルーを見ることはできない。
それは補われていくものだ。

不意に夜空を見上げると、月と金星が並列していた。

(2001/12/03)

夜の新宿を独り歩く。
周囲の笑い声がやたら気に障る。
たれ流される音楽が虚しく歪んでいる。
空の花瓶がいくつか割られ、
脳裏で乾いた残響音。

(2001/12/02)

近所の酒屋「いせかね」にて、LAPHROAIG10年を購入。「最近はモルトばかりだねぇ」と店主のおじさん。しばしシングルモルト談義、次はアイラを、だって。自宅で飲みながらモルト検索、LAPHROAIG40年、10万円ってのがあるんだね。どんな味がするんだろう。

今日一日作曲を試みるが、具体的な音は奏でられず。焦がしたホワイトオーク樽の香りにつつまれつつ、意識は夢の彼方へ。

(2001/12/01)

<<PREV