Index>>>

泥酔。ここしばらく引っかかっていたものがぽろっと落ちる音を聴いた。深夜02:30頃、目白通り千登世橋の下あたりにて。

クラシックピアノを習っていた子供の頃、五線譜を眺めながら、音楽なんて音階の順列組合せ、有限の配列なんだから、いつかこの世から新しい音楽は生まれなくなるだろう、なんて思ってた。そのことを母親に伝えると、一笑に付されてしまったのだが。何故かその時のことを鮮明に思い出す。

(2001/11/30)

消えて無くなりたい・・・究極の理想。でも、とっても難しい。やはり「不条理ゆえに我在り」なんだろうか。

(2001/11/29)

プラグインソフト「i PIX」にはまる。仕事で急遽必要になってダウンロードしたんだけど、これがとっても面白い。以前、都築響一(ごめん、検索したらトリエンナーレのHPしか引っかからなかった)の写真展を見に行ったことがあるんだけど、そのとき展示されてた、マウスを動かすだけで都内で一人暮らしする若者の部屋の風景がxyz座標軸の元、360度、でっかいモニターにグルグル表示される、そんな状態がいまやパソコンでも見ることができるんだね(うーん、言葉で上手く説明できないな)。気晴らしになったな。

相変わらずJEFF BUCKLEYを聴いている。先日みつけた「live from the Bataclan 」、ここんとここればかり聴いてる。ブートっぽいけど、発売元はSME"columbia"なんだよな。

新しい曲のイメージが徐々に湧きはじめてきた。

(2001/11/28)

何も解決できないままに、今夜も酔っ払ってしまった。今日は昨日の続きで、明日も今日の続きか。

(2001/11/27)

全国の明日の天気です。太平洋側は乾燥した晴天が続くでしょう。日本海側は寒気団の南下に伴って雲が広がりやすくなり、山間部では一時雨か雪になるでしょう。気温は全国的に低くなり、12月中旬から下旬並となるでしょう・・・無機的な情報に潜む、光と闇。

したり顔の占い師とそれにすがる女。あるいは祈りを捧げる人達と、そこに十字を切って爆弾を投下する男。

(2001/11/26)

今朝散歩の道すがら、明治通りの横断歩道で老婆が倒れていた。どうやら、車に轢かれてしまったらしい。すぐ近くで轢いた当人と思しきおじさんが地面を見据えている。警察はまだ駆けつけたばかり、といった様子で状況検分に忙しい。暫くの間その老婆を見ていたが、全く動かない。死んでしまったのかもしれない。

午後、渋谷シネパレスにて「世界の終わりという名の雑貨店」。とてもデリケートなフィルム。終映後暫くの間、立ち上がることができなかった。

その後お気に入り「ANNIVERSARE CAFE」にて、ギネス飲みながら妄想に耽る。自分の居場所がみつからず、毎日自分に手紙を出し、届いた手紙を読み返しながら扉を閉ざしていく少女。苛酷な友人関係に忍従しながら孤独にグライドしていく少年。そして新しい音楽の茫漠としたイメージ。僕はいくつかの額縁の無い絵を見た。

死があるから生きている。死が無いということは、とても苛酷なことだ。だけど、僕がここ暫くの間見てきた絵には、死が無い。果てしない孤独ととってもあえかな意志があるだけだ。

風に吹かれ、枯れ葉が次々と落ちていく目前の有り様。

(2001/11/25)

なんとかこのホムペの更新作業を終える。そしてようやく音楽創作モードに入れそうな気がしてきた。まずは散歩だ。

(2001/11/24)

<<PREV