逆さまに這い上がれ、資本主義貨幣経済システムから。

朝、新幹線に乗り込み西へ。日が暮れて、再び新幹線に乗り込み東へ。短時間長距離移動に伴う空間の歪みに影響を受けてか、思考の結び目が三次元的に絡み合って離れない。

…のぞみ48号東京行き5号車13番C席にて記す。

感情疲労、というものがあるらしい。簡単に言えば心の疲れなのだか、それは自分の中で勝手に怒りや不満、不安を膨らませ、消耗することで発生する。それは妄想によって心の底に沈殿し、次第に心の容量を圧迫し…って、二三日休むしかないねぇ。

ここしばらくAPPLE MUSIC経由でいろんなアーティストの曲(アルバムではなく)、とりわけ最近の楽曲をアトランダムに聴き続けている。今の自分にフィットするだけでなくヒントも頻繁に得られるのでもの凄ーく気に入っている。何で今までほったらかしにしてたんだろう。

午後、近所の格安スタジオで仮ヴォーカル録り。

馬場でギターレッスン。今週は忙しさにかまけて、予習がおろそか。ソロ4小節目でダウン。

日々心の弱さと戦っている、決して口には出さないけれど。多分明日も同じ。

午後、デモ音源創作ワーク。近所のクラシック向けスタジオ(500円/h)で仮ヴォーカル録り。それを連れて黄昏の雑司が谷界隈を散歩しながら修正モード、デモとはいえ、慎重に創りたいと思っているので。しかしあまりの寒さにポーズ・オン。


今日も緊迫感溢れる一日。へとへとになって悩み悲しみ憂い漂う東西線車中からこのテキストを記す。

終日、息が詰まるほどの緊迫感。ふと気づけば窓辺に黄昏の窓、次の行の最初の言葉は?

言葉に現実を合わせることができるのか。