ピアノの調律音が何もない昼下がりに、詩的に響いている。

週明けから全力疾走、最終の新幹線で帰京中。口も利けないほど疲れているが、何故だか空虚で甘い感覚が度々脳裏を過る。できるだけログを残しておこうと思う。

終日、ギター弾いたり曲創ったり。しかしなかなかイメージを具現化できず、もどかしい。

忙しくて気が狂いそう忙しくてそう。

見開かれた白いノートに数字や記号が並んでいる。いや、数字や記号しか並んでいない。余白に漂う不定、愁訴。

切なく締め付けられた時間の流れに魂を抜かれそうになるが、そうはさせない。

少し前にZOOM R8(デジタル8chMTR)を購入、空想メモをヒントに音のリアル化実施中。しかしこんなに素敵なツールがあったなんてー!いやいや振り返るな振り返るな、過去には何も無い。

雨。朽ち始めた植物の匂い。薄明、境界線のグレー。やがて脳裏から一切の光が消える。

もやに包まれた思考の辺縁で、街路樹が少しずつ葉を落とし始めている。そして時の滴が僕の頭蓋骨を静かに打ち砕いていく。

終日オフィスワーク。脳が激しくしびれる。帰宅してウィスキーを加水しながら呑む、すると脳が解放される、そんな日々の繰り返し。