日々分刻みのスケジュールをこなしている、いや、まじで。だけど終わりの時間だけは予め決めている、なのでぼろぼろこぼれ落ちているような気がするが、気にしないことにしている。

日々、足元の土を掘り続けている感覚。何も出てこないけど。

殆ど眠れない。一晩中脳裏に繰り返される、アンパーフェクト・ブルー。

アンパーフェクト・ブルー。

雨降りしきる中、Apple Store新宿。MacBook、古くて修理できないとのこと。激しく落ち込む。

プーシキン美術館展@東京都美術館。Edouard Léon Cortès『Paris at Night』に心奪われる。

だましだまし使ってきたMac Bookがとうとう起動しなくなってしまった。少し前にHigh Sierraにアップデートして以来調子良かったんだけど、今回は多分ハードウェアの問題だろうなぁ。とりあえず週末、新宿のジーニアスバーを予約。しかし身の回りのデバイスが次々と老朽化による不具合を発症しており困ってしまうよ。

神保町オフィスでの仕事を終え、白山通りを北に向かって歩いている。タイポグラフィカルな街並み、路地の至る所に原稿を持ち構える人々。

眠っているのに眠っている気がしない。眠りのイメージがくだらない日常に浸食されているかのよう。かつてここは僕の自由な観念が象徴的に寄り集まるところだったはずなのに。

この間、いくつか溜め込んできた曲の断片のひとつを連れ出して近所を散歩。アタマの中でおおよその構成を描き、帰宅してコード譜に落とす。後はメンバーにどう伝えるかなんだけど。

午後、原宿の松下工房へ。Gold Topのフレット交換などを依頼する。製造されてから既に30年以上、特にネック周りの状態がひどくなってしまい、弾きにくいったらありゃしない。で、2週間程度預かってもらうことに。