ユカワとともにBonobo来日公演@六本木EX Theater。エレクトロニカとリアル楽器のアンサンブル、ものすごく新しい感じがするサウンド。とても良かった。

終了後、ヒルズ付近の赤提灯で飲みつつ音楽話で盛り上がる。彼は鍵盤楽器と英会話が苦手らしい。

エレクトロニカとアナログ楽器とのアンサンブルがいいなぁ、なんて最近思っていたのだが、以下の定義を知りふと足を止める。

「世の中の楽器はアナログ楽器とデジタル楽器に分かれる。ここを抑えればこの音が出る、という目安があるものがデジタル楽器。そうでないものがアナログ楽器」

渋谷から明治通りを北へ向かって歩いている。黒ラベル500mlを左手に、量子もつれを解きほぐす術を探している。

音羽通りから小日向台方面を散歩。谷間に小石川車両基地、惑星ソラリスなムード漂うこの界隈。一昔前を思い出し、胸高まる。

やがて春日通りを越え、冬枯れた草木広がる小石川植物園。しかし2月は草木が生え始める月で、生更木(きさらぎ)とも謂う。

午後遅く、高田馬場のヤマハでギターレッスン。引き続き『Synchronicity II』読解中。

日が暮れそうなので、散歩。馬場のリバー・サイドにしゃれた飲食店が続々。魅惑的な灯りの数々、随分様相が変わったと思う。

午後遅く、池袋サンシャイン・シティ・コンベンションセンターへ。グラフィック・アーツ系の展示会。最近はゲームアプリ向け埋め込みフォントなんてものもあるらしい。特に教育系はごまかせないから大変だね、とめはねはらいとか。

まよう
まどう
まどにときがくるう

あいと
あおと
ああこのセカイ・カラー

『セカイ・カラー』

仕事を終え、最終の新幹線で帰京。車窓に流れる光源の数々、個々の意味を確認するにはどうすればよいのだろう。

「ヨシダさんのおかげでこの企画が実現できました!」と若い女性編集者にニコニコされ、デレデレ。

朝、御茶ノ水駅聖橋改札にて硬券を自動検査された後、目の前にある白いビルの高層階エリアに入る。この周囲は明治大学方面と異なり光を遮る高い建物が無いので自然光の降り注ぎ方があまりにも激しい、その不自然さにとまどいながら商談。