朝、都内21kmラン。市ヶ谷外濠付近で雪。そのうち四谷から神宮外苑へ、国立競技場の外枠がビルの4階レベルにまで造立されていた。そして冬枯れた代々木公園を尻目に寒風吹きすさぶ山手通りをひた北上、Steven Wilson聴きながら。

夕方着の新幹線で帰京。水気の無い大気が辛い。

昨日と同じ人影まばらなスキー場で、今日もひたすら娘とそり滑り。いい加減スキーにチェンジしたいが、道具が無い。

実家から車で1時間程のスキー場にて娘とそり滑り三昧。重い雪気の空の下、冬の大自然を満喫。

トンネルを抜けると一面の銀世界。実家に帰省する。

一足早く仕事納めのつもりだったが納まらず。明日、遠隔操作で何とか納めようと帰宅後、作戦を練る。

胸がくたくた。僕が取り組んでいる仕事は実に激しく心を疲弊させるのだ。あー、アイシャルビーリリーストー

年賀状を書く。しかし送りたいのに住所が分からない人が圧倒的に多いことに気付く。

午後、知人K君がコンサートマスターを務める西東京フィルのコンサートへ。アマチュア・オーケストラとはいえ、クラシック・サウンドを全身で感じることができることの素晴らしさよ。

今日も緊張感が続く。夕方の直接協議で決着、途端に腹筋が弛緩し始めて、安堵と下腹部の気持ち悪さとで何とも複雑な気分。