再び京都出張。現地はかんかん照り、蝙蝠傘持ってきた、っていうのにさ。

夕刻、業務完了してのぞみに飛び乗る。その間際、何となく秋の気配。

(削除)

(忘却)

音がとてもよく聞こえる。例えば、それが幾何学的に聞こえる。そして、鍋で炊いた米粒みたいに音符が立ち上がっている。

もっと早く気付けばよかった、と無明の都市の街灯の下の後悔。

木材の鳴り方が凄まじい。


Emasrson String Quartet『Shostakovish nos.3,8&11』

朝、平和の森公園往復ラン。午後、高田馬場のヤマハでギタリスト・竹森久晃氏のレッスン。夕方、哲学堂公園近くの前島鮮魚店でカツオ、ブリ、イサキ。

仕事で西日本方面へ。到着すると駅前の温度計が37℃!

「舌は刃より強い」だってさ。

もの凄いスピードで時間の中を移動している。いや、時間に運ばれているだけなのかもしれない。

カラダを弛緩させたくて呑む。明け方悪夢に苛まれる。環状に繋がっているだけの日々。

終日、オフィスに缶詰状態。帰途がやけに長い。