新宿三丁目、Base Barでカウントダウン。冷凍スピリッツと炸裂するJBLサウンド、明け方まで。

ヘネシーの広告、あれめちゃくちゃいいなぁ。桃井かおりの「根津クンが来る」ってやつ。いいなあ・・・。俺はヘネシーなんか飲まないけどね。以下、備忘録。

「根津クンが来る。根津甚八は飲み友達である。飲むという幸福な時間は共有するが、あっさりとわかれる。活躍を知って喜んだり悲しんだりするが、それ以上は近づかない。好きなのに接触しないという距離感。それが飲み友達なのだ。その根津クンが来る。卓上のヘネシーを見て私は大人の幸せをかみしめる。若い頃、五百円札をポケットに入れて飲んでいたふたりが、今はふくいくとした香りを惜しみなくふりまく至福の酒を、心ゆくまで味わおうとしている。」(桃井かおり)

「桃井かおりが来る。桃井かおりは、男女の友情が好きである。恋愛にはいつか別れが来るが、いい温度にさえしておけば、友情は一生持つ。それはさながら、いつでも入れる心地よい温泉をずっと持っているようなものだ、 とさらりと言ってのける。僕は、そんな彼女との友情をこよなく愛している。なぜなら、その温泉にはいつもとびきりの美酒がついているからだ。ヘネシー。グラスを近づけるだけで、いきなり大人をときめかせるあの香りが、久しぶりに会うふたりの間の温度を、たちまち適温にしてくれる。」(根津甚八)

(2002/07/03)

山の中の池にいる。水面が雨を静かに受け止めている。僕の後に訪れる者は無いと思う。

山の中にいる。ヒトも動物もいない。水の流れる音。冷たく鼻通りのよい空気。枯れ落ちた木々から上品なお茶っ葉の匂い。

品川からのぞみ107号。夜の沼の波浪音を聴きに行く。

江戸川橋から面影橋方面に向かって歩いている。この狭く薄暗い路地は約25年前、僕の生活そのものであった。目的があるようで無いようで、行きつ戻りつしながら神田川は今日も、流れている。

年賀状を作成する。Photoshop、InDesignの無料体験版でデータ製作、宛名プリント用アプリのDB整理、などにパワーを投じていたらあっという間に日が暮れる。

終日、家庭内ファイルサーバー構築にパワーを投じる。これまで使ってきたPowerMacG5の延命措置がもう限界なので。で、過去の苦い経験からHD(3TB)×2でRAID1(ミラーリング)設定にする。

あっという間に日が暮れて、「シメイ・グランド・リザーヴ・マグナム」。痺れる。

山手通りから中山道を北へ、30kmラン。強風に阻まれ煽られながら、へろへろがくがく状態で何とか完走。

目的地(埼玉県上尾市付近)で温泉に入り、ビールを飲む。痺れる。

仕事納め、来週から休暇を取ることにした。ある程度まとまった量を休まないと、いろんなことがが戻らない。

帰宅時の電車がやけに空いている。人々は皆、飲みに行ってしまったのだろうか。