今朝散歩の道すがら、明治通りの横断歩道で老婆が倒れていた。どうやら、車に轢かれてしまったらしい。すぐ近くで轢いた当人と思しきおじさんが地面を見据えている。警察はまだ駆けつけたばかり、といった様子で状況検分に忙しい。暫くの間その老婆を見ていたが、全く動かない。死んでしまったのかもしれない。

午後、渋谷シネパレスにて「世界の終わりという名の雑貨店」。とてもデリケートなフィルム。終映後暫くの間、立ち上がることができなかった。

その後お気に入り「ANNIVERSARE CAFE」にて、ギネス飲みながら妄想に耽る。自分の居場所がみつからず、毎日自分に手紙を出し、届いた手紙を読み返しながら扉を閉ざしていく少女。苛酷な友人関係に忍従しながら孤独にグライドしていく少年。そして新しい音楽の茫漠としたイメージ。僕はいくつかの額縁の無い絵を見た。

死があるから生きている。死が無いということは、とても苛酷なことだ。だけど、僕がここ暫くの間見てきた絵には、死が無い。果てしない孤独ととってもあえかな意志があるだけだ。

風に吹かれ、枯れ葉が次々と落ちていく目前の有り様。

(2001/11/25)

少し前、近所にギター工房があることを知る、しかし土日休みなので行けなかった。本日振替休日、行ってみた。

住宅街の一軒家、その一室が工房。出された温かい日本茶を飲みながら、持ち込んだGoldTopをネタにしばし談笑。で、弦高、ネック、オクターブ調整を依頼。


Birdland@目白

目白通りの銀杏並木がOrigine de l’ambre。明日晴れたら神宮外苑に行ってみようかな。

仕事関係の打ち上げ。呑んで呑んで酔っ払って25時過ぎ、小田急線上り最終電車は経堂止まりである模様。絶望的なありさま。

日々の疲労がこびりついた吊革、祈るようにすがりつく人々。

夜のとばりに重量を感じながら、この時間は労働条件に違反ではなかろうか。