踊り場の思考に囚われている。恐怖心の反動なのだろうか、低層階では内側の改革ばかりが気になってしまう。

相変わらずエレクトロニカ系サウンドを聴いている。始まりと終わりをちゃんと意識したいので、音源はCDで調達するようにしている。音質のこともあるしね。

うなだれた街角から鈍色の空。ひどく底冷えする午後のコンクリート。コーヒー片手にふと、自転の速度を感じる。

10数年間使ってきた外付けハードディスクが壊れてしまった.あれこれ手を尽くしてみたものの、どうやらデータ復旧サービスを利用せざるを得ないようだ。で、見積もりを取ってみたんだけど100GBで15万円、だとさ。もう少し自力で頑張ってみようかな…ってあれこれやってたら結果的に無為に時間を消費するばかり。

仕事帰り、新宿西口、甲州街道付近のアイリッシュバーへふらり。結構高級な品揃えなんだけど、その価格にしかるべきサービス(幅広い意味で)などまるで無く、やがて小馬鹿にされているような気持ちになってきてそそくさと退散。

いったい何をやっているんだ、俺は。

虚しくはない。だが、結果的には虚しい。中野通りを過ぎれば否応なく環七が待っている,という感覚。